Main | August 2004 »

メイキングらしく

メイキングらしい記事も書こうかな。
ということで、造型に使用している道具の紹介。
人から聞いて良かったものはじゃんじゃん取り入れるタチなので、
ここに並べてるのは最近使っているもの。
今後変わっていく事もあり得ます。

スカルピーなどの粘土系を使用するため、
作業としては、「盛り付けて」「削る」。
中央の4本が、盛るのに使うもの。(右から5、6、7、8番目)
先が尖って弓なりになってるものは削るのにも使ったりします。
左5本が削るためのもの。(右から9、10、11、12、13番目)
削るって表現はちょっとわかりにくいですかねえ。
余分な粘土を取り去っていって、物の形を出していく作業です。
盛り付けに使った道具で、粘土をならして形を出していくことも
多いんですが、削りながら進めていく方が好きだったりします。
その理由のひとつは、硬めの粘土を削る時の感触が好きだから。
この5本のうち、左の3本には歯がついてます。

彫金用の細い糸ノコ刃を曲げて作ったもので、
これを使って表面にできた凸凹をならしたりもできます。
右から3、4番目の先がボール状ものは、削りにも使えるんですが、
一番多いのは凹んだところのならしです。
右端の筆は、最後にシンナーやベビーオイルを少量つけて
表面をならすのに使用。
テクスチャーが必要な場合は、その後スポンジや
テクスチャーパッドと呼ばれるものを押しつけることも。
右から2番目のデバイダーは、バランスの確認に使ったりします。
左右の目の大きさは同じかな、とか。
好き勝手に作ってるヒゲマスクなんかでは、あまり使いませんが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ウオー!


Batman "War on Crime " です。
Mike Hill という、これまた海外の造型師の作品。
入手はやっぱりオークションで。
(ひょっとするとコピー品かも)
未塗装のままです。基本的に未塗装好き。
元は Alex Ross 氏が描いたものですね。
彼の画集Mythology.: The Dc Comics Art of Alex...にも出てます。
コスチュームの質感もいいし、なによりこの
おっさん顔がたまりません。
(グローブの腕部分に付くトゲトゲのヒレは別パーツになっていて、
少々加工が必要なので付けてません)
約1/5サイズで、全体のボリュームもたっぷり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ガオー!


ガオー!は違いますか。
これも下と同じく、マクベイ氏の作品。
フランケンシュタインの怪物をアレンジしたものですね。
塗装済みのものをオークションで入手。
(ミノタウロスもオークションで。あちらは未塗装)
マクベイ氏のサイトのORIGINAL BUSTSの中にあるものとは、
また違った雰囲気で塗装されています。
どなたが塗られたのかわかりませんが、なかなかいい感じ。

このフランケンの造型は、近くで見ると細かいところなど
けっこうラフで、マクベイ氏のタッチが残っているというんでしょうか。
そういう、作者の手痕が残ってたりするモノ、大好きです。
ディテールが粗くても、それがマイナスにならないぐらい
全体の形がしっかりしていて、この存在感。
しつこいようですが、自分もいつかこんなふうに、と思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

モー!


別にヒゲマスクの敵キャラではありません。
ヒゲ〜が進んでないので、「自分の好きなモノ紹介」でもして
お茶を濁そうかなあ、と。
これは、Tony McVeyという海外の造型師が作った
ミノタウロスの胸像です。
帽子は違いますよ。帽子は1/6フィギュア用のもので、
大きさの比較に置いてるだけです。
それにしてもカッコイイ。カッコイイです。
こんなふうに作りたいもんです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

またまた別角度



これで別角度終わり。
でもこうしてると、皆さんの頭に未完成のイメージが焼き付いて、
この後イジった時に「最初の方がよかった〜」なんてことに
なってしまうかもしれませんねえ。
でも、、まあいいや。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

さらに別角度



| | Comments (0) | TrackBack (0)

別角度

見てのとおりだと思って、詳しく書いてなかったんですが、
「予告」の写真は未完成のもの。
あれで完成ではありませんので念のため。
この後ちょこちょこ変わっていきます。
また進んだらその写真を載せていく予定。
それまで文章だけなのもつまんないので、
未完成の別角度からをどうぞ。


下でも書いたとおり一気にここまで作ったので、
これ以前の写真を撮ってないんですよね。
なので、芯がどうなってるかわからないと思います。
芯は太めのアルミ線が一本、板の土台に
ニュッと立っているだけで、あとは粘土のムク。
粘土はグレースカルピーを使いました。スカルピーは
オーブンで焼くと固まる粘土状の素材ですが、まだ固めてません。
たぶん完成ギリギリ前まで固めないと思います。
高さが約11センチで、実際の人間の1/5〜1/4サイズです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

人気アメコミ「HIGE-MASK」

小学校教師ジェーンに迫る未曾有の危機!
死に直面した彼女を救い出したのは、
ヒゲのマスクヒーロー ヒゲマスクだった。
しかしジェーンは気付かない。彼が自分の祖父だということに・・
これが、人気アメコミ「HIGE-MASK」の基本ストーリーだっ!

というような設定にしましたよ。後付けですけど。
そもそも今回の作品は、カッコイイ胸像が
作りたいという想いからスタート。
その時点で決めてたのは、
マスクを被った、架空のアメコミヒーロー ということだけ。
で、粘土を盛り始め、ただただ作りたいように作って12時間後
「予告」の状態まで出来たので、設定でも考えておこうかな、と。


なんだ、プロレスラーじゃなかったの? という声が聞こえ・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

胸像のメイキング。の前に。

グレイクレイ豆百科!をずっとチェックして頂いてた方々、
ありがとうございます。そして、お待たせしてすみませんでした。
タイトルをグレイクレイにリニューアルし、心機一転。
とりあえず新作の製作状況をこういう形でお伝えすることになりました。
もちろん、今までの作品も見て頂けるようにするため、
今後もリニューアルを進めていきます。
これからも、どうぞよろしく!

はじめての方々、はじめまして。真辺と申します。
グレイクレイというブランド名で、個人で雑貨を作って売っていたので、
以前は個人雑貨メーカーと名乗っておりました。
現在、玩具原型製作の仕事をしておりますが、
グレイクレイの作品作りを再開するところです。
どうぞよろしく!


・・硬いですか?雰囲気。
でも最初だけです。次からお気楽にいきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

予告

新作の胸像のメイキングの予告!近日スタート。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Main | August 2004 »