« July 2004 | Main | September 2004 »

アメコミ

下で載せてる「HIGE-MASK」のコミックカバー。
あれを描くのに参考に見た本がこれら。
アメコミの描きかた—ヒーロ...
アメリカン・コミック・イラ...
どうすればアメコミっぽい絵が描けるかということが解説されてるわけですね。
まあ、自分の場合は本屋での立ち読みで済ませてしまったんですけど。
徹夜しながら実際に横に置いて参考にしてたのは、
遥か昔に買った光文社のマーベル・コミック・シリーズ。
昭和50年代、単行本サイズでアメコミを翻訳してたシリーズです。
当時、日本の漫画と一線を画すそのリアルな絵に衝撃を受けたもんでした。
今のアメコミは絵の感じがちょっと違うので、昔のを参考に、
中でもファンタスティック・フォーの絵が好きなので必死に真似ました。
ジェーンの顔なんて見ると、もう必死ですね。出発時間もせまってたし。
結局もともとの画力が高くないと、この程度しか描けないということですか。
でもまあちょっと笑えるヘタさかなーと思ったもんで、揚々とブースに
飾ってたんですが、見てくれる人の多くが恐い顔をしてて参りました。

洋書でもコミックの技法書ってあるのかな、と調べたら幾つかありました。
How to Draw Comics the "Marvel" Way
How to Draw Comic Book Heroes and...
How to Draw Great-Looking Comic Book...
How to Draw Comic Book Bad Guys and Gals...
どれも中を見てないですけど、
"Marvel" Way 以外はちょっと今風っぽいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

昨日のワンフェス

おまたせしました。昨日のワンフェスの報告です。
まあ販売数2個ですから。
このページのカウントもワンフェス前には
普段より上がってたことですし、
当然「SOLD OUT」のシールを作って持って行ったわけですが。
結果はこんな顔。

まあ売れないのはわからなくもないですが、それにしても
圧倒的に多かった反応が「素通り」。
・・おかしいな。
そんなに魅力ないかな?この造型。
ちなみに展示はこんな風。

(開場前に撮ったので閑散としてます)

次は展示ももっと考えようっと。
あと、当日朝まで徹夜して作ったコレ。

自分で描いておいてなんですが、ジェーンはもっと美人がいいな。
コレがいけなかったような気もするし次は上手な人に頼みますか。

そんな中、熱心に見て下さる方も一握りいらっしゃいました。
特に声をかけることはしませんでしたが、
どうもありがとうございました。

次は、、って上で書いておりますが。
今はまだワンフェス等の具体的な予定はありませんが、とりあえず
ヒゲマスクの敵キャラを作ります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ワンフェス前夜

あがってきました複製2個。

(写真は白黒ですが、実際の色はアイボリーです)
えーと。言っておかなくてはならないことが。
複製作業は「手流し」なので気泡があります。若干。
見てもらった方が早いので以下。(全てではないですが)



あと、部分的に色が黄色っぽくなってるところもあったりします。
こんな感じで完璧ではないので「これでもいいよ」という人向き。
それと、販売は未塗装のものですが塗装見本は作っておりません。
お好きなイメージで塗っていただければ、と思います。
箱も特に用意しておりませんので、
プチプチで包んでビニール袋に入れた状態で
お持ち帰りいただくことになります。
1個5千円。
場所は F07-12 THUNDERROAD STYLE ブース。
それでは明日。どうぞよろしく。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

写真はありません

販売用に複製をとるということは、原型ができたら次は型取り。
今日あたりシリコン型製作中の写真をお見せしてたりするところですが、
残念ながら写真はありません。
なぜかというと、その作業を人にやってもらえることになったから。
型取りのことを考えると憂鬱になってたもんですが、ここにきて
救いの神が現れました。もちろん交換条件付きで
そのために今晩は徹夜ですが、型取りよりいいや。
複製2個のできあがり予定は、あさって土曜日の夜。ワンフェス前夜。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

原型UP!







オーブンで焼くのも無事クリア。
ようやく原型が完成。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

そろそろ


筆でならしたところ。
あともう一息。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

25日

今日の夜には原型UPの写真をお見せできるか、な、と。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ちょっと

待ってて。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日は

時間がなくてちょっとイジれそうにありません。
もう一週間前なんですけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今こんな感じ


土台(首から下)が以前よりボリュームアップ。
しっかりしてきました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

F07-12

ワンフェスの卓番号が決定したようなので、お知らせ。
F07-12 です。どうぞよろしく。
もう少し詳しいことはこちら を。

今日も仕事の合間をぬって原型進めてます。
昨日までの写真のとおり、頭部はほとんど出来てきましたが、
首から下のバランスが少々悪かったため、そのあたりの修正など。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あ、

ワンフェスまであと10日だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

そして今

造型中。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

今また

ちょっとづつ進行中。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

イジってます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ガーガメルのスラッシュアウト

東京の高円寺に15日、新しいお店がオープンします。
Gargamelのフラッグストア「Thrash out」。
オープン記念の商品もいろいろ用意されてるようです。
(それらはお店のオープンと同じ13時からネット通販も開始とのこと)
詳しいことはこちらをご覧になって、
興味を持たれた方は是非、足をお運び下さいまし。

なぜ宣伝しているかというと知り合いだからなんですが、
それを抜きにしてもいろいろ驚かされることが多かったので。
ガーガメルというのは個人メーカーなんですよ。
(チームは組んでますが、会社じゃありません)
それでお店を出すのは快挙ですし、オープン記念にあれだけの種類の
商品を用意するのも凄いな、と。
そしてなにより、メーカーとコラボ商品を出すということに驚かされました。
個人だってここまでやれるんだ、という驚き。(チームは組んでますけど)

お店の様子をちょっとだけ。

では、どうぞよろしくです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

別角度おわり


今回の別角度はこれでおわり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

しつこく

別角度。

週末にはイジれるかな、と。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

またまた

別角度。

まだまだ手を入れたいところが多くて、
気になってしようがないけど残念ながらお仕事。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

例によって

今日は別角度。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

おまたせ

ちょっとイジりましたヒゲマスク。
でもあんまりわからないかな。

唇の形を少々変え、すぐ下のアゴ(ヒゲ)を気持ち盛り足し、
鼻柱(?)の幅を大きくし、眉頭から額辺りをボリュームアップ。など。
西洋人の骨格に近付ける作業でした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

キーホルダー

今日は、以前販売していたキーホルダーの写真を。




1番上はデザインフェスタに出た時のオレンジ色の101個。
2、3番目はお店に置いてもらってた、5色と3色。
合わせて101個納品できたので記念に作ったのが、
4番目の畜光。3個だけ。
全身白色で、暗いところでは下のようにほのかに光りました。
(現在は全て販売終了)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日も午前2時



・・たこ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

グレイクレイ犬

今は午前2時前。
これを書き終えたら仕事に戻ります。
仕事。なのです。
つまりヒゲマスクはちっとも進まず。
そこで今日は昔の作品でお茶を濁します。
せっかくですからメイキングで。



10年近く前に作ったものです。
ハイラックスというグループ展に出品。
頭は人間のリアルサイズより少し小さめで、
油土で原型を作りウレタン樹脂で成型。
目玉の向きを変えられるようになってました。
体はタオル地のヌイグルミです。
これを縫うために中古のミシンを買ったんですが、
ミシン作業はすごくおもしろかったですね。
この写真には写ってませんが、体が花柄のものが人気でした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Webバッジ

Mac使ってるんですよ。
ということで、Webバッジつけてみました。(サイドバー)

まあ、つけたからといって何があるわけでもないんですが。
ただMac使用をアピールするだけで。

でもこのWebバッジという呼び方いいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロゴの表示と削除

アマゾンのロゴ、サイドバーに表示しました。
なので、下の「おすすめ洋書」の冒頭に
当初出してたロゴと文章は削除しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

送料を無料に

ひとつ下で紹介してる Modelling and 〜 ですが、
アマゾンで1500円以下なので送料を払わなければなりません。
それはなんとももったいない。
送料を無料にするためにもう一冊というケースを考え、
同じ著者による Modelling and Sculpting Animals も紹介しときます。
動物版ですね。
馬、ライオン、牛の簡単な解剖図と、造型中のカッコイイ写真が載ってます。
他に「小さい彫像を元に大きなものを作る」方法と、
「石膏による型取り」について書いてあります。(たぶん)

動物といえば、こんなのもあります。
An Atlas of Animal Anatomy for Artists
こちらは解剖図ですね。
馬、犬、ライオン、牛、ヤギ、あとオマケ的に猫や猿などが少し。
写真ではなくて白黒の絵なのでグロテスクな感じはないです。
むしろ綺麗ですね。(絵はかなりリアルですけど)
薄い本なんですが、大きさがB4ぐらいあるので載っている絵も大きめ。
動物を作る時にはいい資料になると思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

おすすめ洋書

おすすめ洋書。
Modelling and Sculpting the Human Figureという、
粘土による人体造型の技法書です。
大きさはA5より少し小さいですが、厚みは3センチぐらいあります。
が、中身はほとんど文章です。もちろん英語。
訳を試みたことがないため、技法書としてどうなのかはわかりません。
著者が100年近く前に亡くなっているようなので、
内容的にはひょっとすると古いかもしれませんね。
そんなだし、絵や写真もそんなに多くないとくれば、
じゃ、なんで紹介するのか?ですが。
その(数少ない)写真がいいんですよ。
ほとんどが、造型する過程での途中写真なんですけど、
カッコイイんですよ。それらが。造型途中が。
んー、でもこんな風に感じる人は少ないかもしれないので、
おすすめって書くのもどうかとは思ったんですが、
まあ、安いですから。あ、写真は白黒です。

この本、表紙の写真が新しくなったみたいです。
自分が持っているのは黄色地に、
両手を突き上げてウオー!って感じのブロンズ像の写真のもので、
同じものを以前 Randy Bowen 氏のサイトで見ました。
彼の仕事場の写真が数枚出てたことがあったんですが、
その本棚の中になぜか目立つようにして置いてあったと思います。
それだけの理由でここはひとつ、Bowen ファンにもおすすめ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ワンフェス

グレイクレイは雑貨メーカー。
(企業じゃなくて、作る人って意味合い)
ということで、雑貨を作ります。
「雑貨」という言葉を使ってるのは、それが「何でもあり」だから。
以前作ってたキーホルダーも雑貨、今回の胸像も雑貨。
作りたいものを作るんです。そして、
できたものはやっぱり売りたい。
今作ってるヒゲマスク。完成したら何個か複製を取って、それを売ります。
では、どこで売るのか?ですが、
今回はイベントで。
ワンフェスと略して呼ばれる、
ワンダーフェスティバルという海洋堂がやってるイベント。
といっても、グレイクレイとしてブースを出すわけではなく、
THUNDERROAD STYLE さんのところにお邪魔させてもらいます。
詳しいことは開催日が近付いてきたらまた告知します、、って、
そう!開催日はもう決まってるわけです。今月の29日です。
完成したら〜なんてことを書いてますけど、
完成させなきゃいけないんです29日までに。
もうこんな広告までできてます。

それで複製の数なんですが、おそらく2個。
少なっ!という声が聞こえてくるようなこないような。
でも、諸々の事情を考えると2個ぐらいです。
お値段は1個5千円ぽっきりを予定してます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アマゾンのアソシエイト

日曜日です。
でも、仕事してます。
今作ってるのは、1/6可動素体フィギュアの原型。
キャラクター名は書けません。悪しからず。
そんなわけで、ヒゲマスクはまだイジれてません。
それはそれとして。

造型の資料や参考書を探す時、個人的な趣味もあるかもしれませんが、
海外のサイトや洋書の中にいいのが見つかったりします。
へー、こんな詳しい写真が、とか。
親切な解説写真だなー、とか。
と、まあ、写真見てるだけなんですけど。英語わからないんで。
でも、なんか参考になりそうな洋書があったら、ここでも紹介しよう、
なんて考えてたら、兄におもしろいことを教えてもらいました。
それはアマゾンのアソシエイト・プログラム。
なんだか楽しそうってことで早速登録。
「ウオー!」のアレックス・ロスの画集のところでやってみました。
クリックするとアマゾンに飛ぶわけですね。
そこから先は、なんだか必死だと思われてもなんなので別にいいんですが。

なんでこんなことを書いてるかというと。
規約の中に、自分のサイトのどこかに
アソシエイトの表示を出しなさい、とあったから。
そういうことなので、

・・これでいいのかな?
本当はサイドバーに表示させるんでしょうけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2004 | Main | September 2004 »