« なんだこりゃ! | Main | Tim Bruckner »

Modeling the Figure in Clay

今まで紹介した本の関連商品として出てたりしたので、
チェックした方もいるんじゃないかと思いますが、
この本はちょっとおもしろいですよ。
Modeling the Figure in Clay (PRACTICAL... です。
数年前に出た、粘土による人体造型の技法書ですね。
カスタマーレビューを読むと大体の内容が想像できると思いますが、
できないよという方はこちらを。
この作り方を真似るのは大変すぎるので、技法書とするよりは
骨格と筋肉の資料に、といったところでしょうか。
下の「解剖百科」と同じく立体物の写真なので、
非常にわかりやすい資料になります。
写真中心なので英語が読めなくても大丈夫。
そして、造型プロセスを見せる本ゆえ、
「造型途中写真フェチ」にも嬉しい本でした。

ただ女性像を作らない自分としては、
(途中ページまで性差はあんまり感じませんけど)
これの男版があればいいのに、とは思いました。
まあ最後のページで、日本の技法書ではあり得ない締め方でもって、
それは恐らく出ないだろうなと思わせてくれます。
出るとしたら著者本人版かな。メガネかけて。

|

« なんだこりゃ! | Main | Tim Bruckner »

Comments

そーだったそーだった! 衝(笑)撃のクライマックス!!
造型本でわらかしてどないしまんねん。

Posted by: ムーミン | September 18, 2004 at 04:14 AM

あれは西洋人のユーモアなのかなあ?
日本の本でああいう展開は見たことないよね。

Posted by: まなべ | September 19, 2004 at 04:28 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44609/1450921

Listed below are links to weblogs that reference Modeling the Figure in Clay :

« なんだこりゃ! | Main | Tim Bruckner »