« 息抜き? | Main | 千葉真一デザイン »

蒸着!

仕事の営業用のページも作らなきゃいけないんですが、
なかなか時間がありません。
また、このページも文章だけになってしまったので、
ここらで画像が欲しいところ。
ならば、以前仕事で作ったモノの写真をここに載せればいいのでは。
ということで、とりあえず1枚。

(C)東映 MEDICOM TOY TIMEHOUSE

「宇宙刑事ギャバン」の主人公ギャバンの変身前である、一条寺 烈。
「ギャバン」は約20年前にテレビでやってた特撮番組。
番組は子供向けでしたが、烈役の俳優 大葉健二 氏のアクションは
スピードとキレがあり、今改めて見てもそのスゴさにはちょっと驚きます。
またアクションだけでなく、その面構えや表情、声もかなり魅力的です。
20年前の番組と書きましたが、この製品は当時のモノではありません。
2年前に出ました。現在は絶版です。

このページでも時々出てくる言葉「1/6可動素体フィギュア」がコレですね。
1/6というのは一般的な人間との対比なので、
このフィギュアの大きさは約30センチ。
素体と呼ばれる裸の人形に、頭部や手などのソフトビニール製のパーツをはめ、
服を着せてあります。この素体は関節が動かせるようになっているので、
写真のようにポーズを付けることができます。

この製品の自分の担当は、ソフビパーツの原型製作。
頭部、手、ブーツ、ベルト(写真では見えません)がソフビ。
その原型になるものをスカルピー等を使用して造型。
(それが諸々の工程を経てソフビで量産されます)
こだわったところは顔はもちろんのこと、それ以外にはブーツとベルト。
ウェスタンなディテールが入っていたので、可能な限りその再現に努めました。
それにしても、「ギャバン」のような
テレビ番組の主人公を作るのは難しいです。
放映が1年間ですから資料が豊富だと思われるかもしれませんが、
顔つきは変わる、髪型は変わるで・・

難しいといえば、ソフビパーツの原型を作るのもそうですね。
また書く機会があるかもしれませんが、とにかく難しい。
なので、今回営業もかねた風なことを書きましたが、
可動素体用パーツの仕事に限っては
実はもうあんまりやりたくなかったりします・・
(まあ今日もやってるんですけど。烈のような「人間」ではありませんが)

DVD宇宙刑事ギャバン Vol.1(Vol.4まであります)の他、
大葉氏関連ではアクションポーズ写真集〈ACT....があります。
よろしかったらどうぞです。

|

« 息抜き? | Main | 千葉真一デザイン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44609/1405495

Listed below are links to weblogs that reference 蒸着!:

« 息抜き? | Main | 千葉真一デザイン »