« January 2006 | Main | March 2006 »

ジェーンもろもろ 5

jane19

jane20

テカテカ写真はこれで終わり。
この後は硬化後のツヤなし写真になります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ワンフェスにてご注文の皆様へ

ジェーン他バストスタチューの進行状況ですが、
量産作業が終わりました。

このあと梱包を経て、今週中には
宅急便で発送予定です。(またこちらに書込みます)
遅くても3月2日には発送完了していると思いますので、
あと少々お待ち下さいませ。

なお会場でご説明できなかった方もいらっしゃいますが、
送料は元払いになっておりますので念の為。
個別に時間指定の御希望も伺えればいいんですが、
万が一の間違いを防ぐため、指定なしで発送させて
いただきます。ご了承下さい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ジェーンもろもろ 4

jane16

jane17

jane18

いらないかな、、「グ」。
次から考えよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

コメント

せっかく書いていただいたのに
時々、同じものが
ふたつ投稿されてしまいますよねコメント。
自分自身で書いた場合もそうなることが。

ちょっと検索して調べてみましたが、
結局はっきりした原因、対処もわかんなかったんで
申し訳ないんですけど現状放置で。

余分なコメントはこちらで消していきますので、
ふたつ載ってしまっても気にせず
そのまま置いておいて下さい。

そんな感じでどうぞよろしく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ジェーンもろもろ 3

jane14

jane15

ヒゲマスクやファングマンの時もそうでしたけど、
ベビーオイルでならすとテカテカになって
写真映えするんで好きです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ジェーンもろもろ 2

筆&ベビーオイルでならした状態。
ならしたといっても
ツール痕を完全に消してしまうような真似はせず、
あえて残してます。

jane12

jane13


| | Comments (0) | TrackBack (0)

コンセプトアート ドット オルグ

最近、ツールの使い方やテクスチャのつけ方を
聞かれることがありまして、
自分の説明だけではどうも不十分な気がして
どこか参考になるページなかったっけなー、、と
考えてたんですが、思い出したんで書いときます。

スカルプターズコーナーの
FORUMS ページからもリンクされている
ConceptArt.org というサイトがあります。

ここのFORUMSの(ARTWORK の)中に
CONCEPTS in 3D & SCULPTURE というのがあります。
その中の
Sticky: SMELLYBUG TUT': Face sculpture, basic mold,
paint and finishing... と
Sticky: Smellybugs Maquette Tutorial completed! を
見ると、ツールの使い方、テクスチャのつけ方の
参考になるかもしれません。(文章は当然ながら英語です)
かなり重くて数ページあったりしますが、
写真が大きくてわかりやすいので、
粘土に残った痕からどんな風にツールを動かしているか等を
考えるのにもいいと思います。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

ジェーンもろもろ 1

下でも書いてますが
顔に糸ノコ、それ以外はギター弦。
筆でならす前です。

jane09

jane10

jane11

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ジェーンビフォーアフター

途中画像がやっぱりないもんで、
かなり劇的ですが、、。

ビフォー
jane07

アフター
jane08

この2枚の画像の間には
試行錯誤や修正が多々ありましたが、
1番基本的なこととしては「若くした」。
なんだか造型を進めるにつれ、ドンドンと
オバサマになっていってたので、
これは違う、ってことでいろいろイジりました。
結果、ちょっと若くしすぎましたかね。
ま、そうなったらそうなったで、
「ジェーン(回想シーン)」にすればいいや。と
思ってましたけど。

口も少し開きすぎてたんで、強引に閉じました。
つまり、両手で頭と顎をつかんで無理矢理ググッと。
こういう作り方をするため、
芯を入れたり途中で焼いたりしないんです。

アフター画像は、
形も出し終わって顔を糸ノコツールでならしてる状態です。
糸ノコをあてたのは顔だけ。
他の部分はその前工程、ギターの弦の段階で止めてます。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

昨日がワンフェス

更新が遅くなってすみませんです。

ジェーン他ご注文いただいた皆様どうも有難うございました。
明日より量産作業に入りますので、
しばしお待ち下さいませ。
発送できるようになりましたら、
または万がいち遅延、なんて場合にも、
こちらでも書いていきますので宜しくお願い致します。

展示を見て下さった方々にも感謝。
写真を撮られたりすると嬉しいものです。

昨日会場に来られなかった人もたくさんいらっしゃると思うんで、
ブースの様子を。

wf06win01

開場前なので閑散&机の下がゴチャゴチャしてますけど。
向かって左のハデな展示は THUNDERROAD STYLE です。
前回のロケット仁義に続いて今回は「特侠」。

wf06win02

1/6サイズのフィギュアが4体です。
もちろんオリジナル。
そしてこの展示の魅力は、このフィギュア自体もさることながら、
背景に書かれた文章にもあります。
見てた人達の大半はニヤニヤと楽しんでるように見えました。
会場に行けなかった人もその世界観が覗けるのがコチラ
すんごい文章量なんで時間がないよ、って場合は
「隠語解説」のページだけでも是非、目を通していただければ。

で、右がウチで
こんな感じ。

wf06win03

今までのデッカいポスターは展示の都合でナシ。
ただ、A4サイズにプリントアウトしたものは置きました。
やはりこれがないとワケワカンナイ度が高いので。
(ファングマンとジェーンは新しいものに差し替えてます)

wf06win04

ちなみに、このポスターで各キャラに施されている彩色は
兄の手によるもので、あくまでもバリエーションのひとつです。
塗装を考えておられる方も、自由に塗って下さい。

今回、自分が塗装したモノも展示しました。
塗装といってもただのスミ入れ。

wf06win05

ヒゲマスクとファングマンは
「瞳」の撮影のために塗ったものです。「瞳」版ですね。
ジェーンもそれに合わせたんですが微妙に「新しい」。

wf06win06

wf06win07

塗装ヘタなんですよね、、。
象牙っぽくしたかったんですけど、
なんだかちょっとトイレっぽいような、、。

今回のワンフェスは注文受付けにしたこともあって、
他を全然見にいけませんでした。
1番チェックしたかったのは、アクセルのヤタケさんがブログで
書いてたシフレットブラザーズのクロエです。
怪物屋さんで売られるってことでした。
スカルプターズコーナーでシフレットブラザーズの作品を見ると、
造型途中がカッコイイんですよね。モリモリ、グァーって感じで。
実物を見てみたかったのでちょっぴり残念。

さて、すでに完成画像をお見せしてるんで
順番が違うんですが、ジェーンの原型画像は近々UP予定です。
余裕がなくて途中の写真はあまり撮ってない為、
肝心の「どうなって最終的にこうなったか」は
ほとんどわからないと思いますが。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

直前情報

あまりに直前すぎて
ココを見てる方がいらっしゃるかどうかわかりませんが、
明日のワンフェス、グレイクレイ情報。

というか、予定変更お知らせです。
今までの記事では明日は
ヒゲマスクとファングマンの再販、ジェーンの販売。
としてましたが、ここにきて、
用意できる数があまりに少ないですよ。ということになりました。
なので、明日は
「ワンフェス会場で注文受付け」(後日発送)
ということで宜しくお願い致します。
詳しいことは明日会場でお尋ね下さいまし。
ちなみにひとつ3500円。
明日会場で「前払い」ということでこれまた宜しくお願い致します。

なお、ジェーン製作前だったにもかかわらず、
確実なご予約をいただいてる方が数名。
その方々の分はとりあえずご用意しております。
直接連絡してる時間がないので、ココでお知らせ。

では、どうぞ宜しくです。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

とりいそぎジェーンは

こんな感じになりました。

jane06

| | Comments (0) | TrackBack (0)

エレキギターの弦

ジェーンに使用している造型ツールで
エレキギターの弦と書きましたが、
これについてはこのブログで
一度も触れてなかったことに気付きました。
(たぶん書いてないですね)

楽器屋さんで手に入り、
たしか値段もそんなに高くなかったと思います。
それを適当な長さで切って
クルッと丸めてアルミパイプなどに差し込んで出来上がり。
念の為に瞬着で固定しておくといいですね。

guitar01

アップで見るとはっきりわかりますが、
ワイヤーがコイル状になってます。
これで粘土をいい具合にカキトっていくわけです。
(すでに何回も使ってるんで、隙間に
グレースカルピーが詰まってますね)

弦は細いのから太いのまで数種売られてますが、
あまり細いのは粘土にすぐ食い込んでしまうので、
細かくカキトりたい時は糸ノコツールの方が
使い易いと思います。
(弦の方が痕が浅くて柔らかいんですけどね)
参考までに、ジェーン途中写真の
目の上あたりが糸ノコ痕です。

上の写真のものは、わりと太めの弦です。
用途的には、以前紹介した自作ツールと同じですが、
こちらの方が自由度が高いというか、
カキトりつつナラす、つまり
仕上げていきながら造型する、、ちょっとうまく言えませんが、
とにかく使い易いかと。

guitar02

もちろんコレも、わざわざ弦を買いにいかなくても
自作は可能です。ようは
主線にワイヤーを巻き付けていけばいいだけなんで。

ちなみに、
「ケンパーツール?」って方はコチラを。

そういえば、
グレースカルピーが思ったよりヤワかったので
少し放置してみる。ってことでしたが、
作業再開した時も(予想通り)あんまり
変わってませんでした。
とりあえず何とか造型できてます。
いちおうご報告。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

現在進めている眉の形。

jane04

コレが、
80年代ホラーに見せている原因のひとつだと思います。
「ビックリする=怖い」みたいなとこがありましたもんね。

ジェーンのイメージは元々、John Buscema 氏が
ファンタスティックフォーやシルバーサーファーで
描いていた絵を参考にスタートしているので、
それでいくとこうなります。

jane05

アメコミ風。
当然、今回の立体化においても
最初はこれで進めてたんですけど、
だんだん違和感が出てきたんですねえ。
どぉーも弱い。恐怖におびえすぎている、というか。
違う違う、ジェーンはもっと強くあれ。

てなことで、
現在の形に変更しました。
たぶん最後までこのままいくと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

80年代ホラー

ジェーンの途中画像。

jane03

作り始めからすると
少し雰囲気が変わりました。
髪をショートにするのは結局却下。
ほんと、作りながらどんどん変わってます。
全体的に、アメコミというよりは
80年代ホラー映画って感じになってますが、
これでもそれなりに
洋モノキットっぽく見えることだし、まあいいや。

今回、造型ツールはいろいろ使ってます。
指を筆頭に、普通のスパチュラにループツール。
ループはケンパーツールに、エレキギターの弦に、
糸ノコに、と総動員です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

4階

今回のワンフェスは2フロア構成となっており、
卓番号A18-07というのは4階です。
初めてディーラー参加した時に
かなりサビシい想いをしながら座っていたヘキ地なので、
あー、、またあの気持ちを味わうのかー、、と
覚悟していたんですが、しかし。
どうやら今回は状況が違うようで。
サンダーロードスタイルも改めて書いてますが、
有名ドコロも4階だったりするらしくて、
ならば、別に悪くないんじゃないかと。
よかったー。
では、あとは頑張ってジェーンを完成させるだけですね。

まだモノは用意できてませんが、
ヒゲマスクとファングマンも再販予定。
以前書いていた全身像の展示は
今回はちょっと無理そうですね。
これに関してはワンフェス後にガァーッと造型のつもり。
(『瞳』のインタビューで話している
〜ラフスタチューシリーズ〜)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

A18-07

ワンフェスの卓番号が決定。
A18-07

場所についてはサンダーロードスタイルも書いてますが、
暇〜な一日を過ごすことになる可能性少しあり。
いや、少しではないな、、オオイにあります。
でも負けないぜ!っと。

pr3-2

ジェーンは順調に遅れてますが進んでます。
表情に関しては眉以外は問題ありません。
眉は、形によって状況が若干変わるんで迷ってますね。
髪型と服も、作りながら二転三転していてまだ決まってないです。
ショートカットにするかもしれません。
メガネは、、やめましたゴメンナサイ。
今の自分の腕では、カッコいい女性として見える状態に
作るのは難しいと思い直しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2006 | Main | March 2006 »