« ギルギル | Main | 新宿高島屋 »

ジャガーノート

4日ほど前の「やっぱりデカく」の記事の中で、
あるデッカいスタチューを見たことがきっかけで
考えが変わったと書いてますが、それがコレ。

Juggernaut01

Sideshow Toy の Juggernaut Maquette です。
スケール的には1/3でしょうか、
高さが65センチ位あります。
サイドショウHPの商品説明によると、重さは10キロ!負けた!
元は映画のマケットとして作られたものだと思うんですが、
何故にこんなにデカく??

ウチの部屋の狭さ&これ自体のデカさで、
全身の写真が撮れません、、。
JuggernautとSideshowなどでイメージ検索するか、
Sideshowtoy.comの商品ページのキレイな写真を見てもらえれば。
この製品はデカいだけあって、サンプル写真と比べても
遜色ない出来だと思います。

Juggernaut02

たまたま実物を間近で見ることがあり、
なによりそのデカさとそして全身のツール痕に惹き付けられました。
ラフスタチューでやりたい(&今回やった)ツール痕の状態とは
少し違ってましたが、ああ、こういう
ギリギリなのもカッコイイなあ、と。
全身の表面にわりと均一な痕が残っているんですね。
自分のバストシリーズでいうと、
ちょうどベビーオイルでならす前。
形を出して表面をレイクツールで仕上げた状態だと思いますが、
検討用マケットとしてはかなり手を入れつつ、でも
マケットとしてギリギリいい感じのラフさがあって、
ツルツルしてない表面のザラザラ感がハートを鷲掴み。
ラフスタチュリストである自分がこれを手元に置かずに何を置くのか、と。

作り手としては細部のアップは望まないことなのかもしれませんが、
この痕がイイ!ってとこなんで撮影。

Juggernaut03

Juggernaut04

Juggernaut05

Juggernaut06

う〜んカッコイイ。
細部の話をしてしまってますが、もちろん全身もイイです。
同カテゴリーで発売されてたビーストの表面が同じ状態だったとしても
そんなに惹かれてなかったと思うくらい、デザインやポーズも好きです。
(Xメンのコミックは読んでなかったんですが、
コミックでの彼のデザインがもっとイイ感じなのは知ってます)
原型は Moto Hata 氏。
ホライゾンのキットを幾つか担当されてた方ですね。きっと。
(追記
Moto Hata 氏は2009年7月9日亡くなられたそうです、、。
ご冥福をお祈りいたします)

|

« ギルギル | Main | 新宿高島屋 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44609/11646226

Listed below are links to weblogs that reference ジャガーノート:

« ギルギル | Main | 新宿高島屋 »