« キャスタリン造型 | Main | キャスタリン造型3 »

キャスタリン造型2

Castilene は
ある程度硬いことは硬い。
なので、金槌で割ってます。
そのカケラをスパチュラで引っ掻いてみると、
そんなに深くは掘れません。
ただ、シャープな硬さってわけでもなく、
どちらかというとネチャッとした感じ。

Castilene02

このままでは形を変えることが
できないので、温めます。
最近うちのオーブンは調子が悪いので、
赤外線ランプを使用。( 125W )
15センチ程度の距離で50度近くになってました。

Castilene03

やわらかくなってきたらコネコネ。

Castilene04
Castilene05
Castilene06
Castilene07
Castilene08

ボディの盛り付け。
軽くネチャネチャしてるのでくっつきます。

Castilene9
Castilene10

スパチュラで延ばしてみたり。

Castilene11
Castilene12

顔がナイフで面取りしたようになってますが、
これは冷えて少し硬くなった状態に
スパチュラをグイッグイッと押し付けて造型した痕です。
いろんな作り方をテスト。

ランプに近付けて温め、指でならしてみたりも。

Castilene13
Castilene14
Castilene15


温める時に放置しすぎると、こんなことに。

Castilene16

溶けてきてるのかも。
ま、かまわずコネてしまってますけど。

イジった後は手が軽くネチャつき、
(溶けかけを触ったからか)油汚れっぽい感じもあります。
石鹸で洗ってますが、自分的にはエポパテよりも快適。

|

« キャスタリン造型 | Main | キャスタリン造型3 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44609/11986574

Listed below are links to weblogs that reference キャスタリン造型2:

« キャスタリン造型 | Main | キャスタリン造型3 »