« 新宿高島屋 | Main | キャスタリン造型2 »

キャスタリン造型

ほぼ1年前、こんな記事を書きました

その後、時々イジってみてはいましたが、やはり
一度温めるといつまでも柔らかいままな気がして
どーにも上手く扱えず。
そのうちにブロンズ粘土によるラフスタチュー作りが楽しくなって、
キャスタリン(未だ正確な発音は不明)はすっかり放りっぱなしに。

しかし相変わらず海外の造型サイトを覗いていると、
キャスタリンを使用した原型の画像なんかを目にするわけです。

どーやってこんな風に作ってるのかな、、と。
ここはやはり、何かひとつ最後まで造型してみないと見えてこないかも。
ってことで、作ってみることにしました。
ノンビリというわけでもありませんが、
空いた時間に数日かけてボチボチと。

Castilene01

|

« 新宿高島屋 | Main | キャスタリン造型2 »

Comments

安いのはいいよね。色も不透明っぽくて扱い易そう。
しかしそれぞれ材料にも長所短所があって
なかなか決定版っていう物が無いのが辛いところ。
(発音はもしかしたらキャスティリン?)

Posted by: ムーミン | September 20, 2006 at 12:23 PM

決定版はまだ無いねえ。
夢の素材であったスカルピーは、
硬さが安定しないし自分には焼きが難しい。
最近は、大きめのモノには水粘土、
小さめにはワックスかエポパテ。
(水粘土は仕事には使ったことないけど)
キャスティリン?で
何か新しい発見ができればいいけど。

Posted by: まなべ | September 20, 2006 at 10:56 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44609/11966091

Listed below are links to weblogs that reference キャスタリン造型:

« 新宿高島屋 | Main | キャスタリン造型2 »