« コンセプチュアル特殊メイク入門 | Main | 土系 »

キャスタリン造型12

肩の盛りすぎを修正するのに
テストも兼ねてリューターを使用してましたが、
もっとボリュームダウンが必要ということで
今回はスパチュラ&アルコールトーチで。

彫金等のWAX造型でもスパチュラの先を
アルコールランプで温めて作業する場合がありますが、
自分はワックスペンを使用することが多いです。
火で温めてる時間とか、すぐに冷めていくこととか
そういうストレスを解消してくれるからですけど、
ただ今回は、肩を大きく取り除きたいのに
ワックスペンのヘラでは小さすぎる。
で、手持ちのスパチュラになら
大きめのがあるので、それを温めて使うことにしました。

Castilene39

アルコールトーチの火にかざして

Castilene40

熱々のスパチュラで溶かしながらカキトる。
ま、いい感じ。

せっかくなんで、もう片方は
別のやり方をテスト。

このアルコールトーチはボトル部分を軽く押すことで
火を横吹きできるんで、肩に向かって、、

Castilene41
Castilene42

で、程よく溶けかかったところを
スパチュラ(こちらは特に温めず)でカキトる。

Castilene43

ああ、こっちの方が
大きくボリュームダウンする時にはいいかも。
(火を直接近付ける、というか、ほぼ当てているので、
加熱しすぎで何が起こるかわからず。注意は必要)

今回使用したアルコールトーチは、
彫金用品を販売している店で入手可能です。
東京では東急ハンズの彫金コーナーでも売ってます。

Castilene44

|

« コンセプチュアル特殊メイク入門 | Main | 土系 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44609/12907052

Listed below are links to weblogs that reference キャスタリン造型12:

« コンセプチュアル特殊メイク入門 | Main | 土系 »