« 続 土系 | Main | 2007年幕開け »

続々 土系

海外の造型サイトやDVDを見ていると目にする「WED CLAY」。
ただの水粘土だろうと思ってたんですけど、今回
土系についてネット調べしていくうちに
どうも「乾燥が遅くヒビ割れしにくい」水粘土であるらしい、と
いうことがわかってきました。

そもそも WED って何?という疑問があったんですが、
これはウォルト・ディズニーの名前
Walter Elias Disney の頭文字のようですね。
いってみればディズニー粘土。かわいい。
粘土メーカーがディズニーのために、大サイズの塑像用に
開発したもののようです。(ディズニーランド用ですかね?)

粘土自体のお値段は安そうですけど、アメリカからだと
送料が多分けっこうなものになるので、お取り寄せはやめときます。

ただし。
WED CLAY に関する調査の中で目に留まった一文。
『 W.E.D clay has glycerin in it so it dries very slowly to
a leathery texture with limited cracking.』

W.E.D clay has glycerin 、、そーか、
グリセリンを混ぜればいいのか。

でもまあ考えてみれば、ブロンズ粘土も
大サイズ&芯を使わないムク状態では完全に
乾燥するまで数週間かかる場合もあるし(芯を使用した場合は
試したことがないのでわかりません)もともと
入っているのかもしれないな、と。

なので、今回はグリセリン混ぜるテストはナシで。
グリセリンは買ってきたけれど。
(ヒマができたら試してみます)

|

« 続 土系 | Main | 2007年幕開け »

Comments

ウエッド・クレイはアメリカの工房で良く原型製作に使われていて、確かに乾燥が遅く、きめが細かいので結構細かいディティールがスタンプしたり彫刻したり出来ます。

スティーブ・ワンがマスクの原型している所に遊びに行って作業の様子見ていたけれど、メインで使う彫刻ツール4~5本位とトゲトゲスポンジでほとんど仕上げてました。

基本的な使い方は水粘土そのものですが、アメリカの彫刻家はほとんど水を付けずにドバッとまずボリュームを出して、乾燥して硬くなるのにあわせて細かいディティールを掘り込んでいき、型採り前はかなり硬く乾燥させ、クリアースプレーをしこたま吹いて表面を硬く保護してから、柔らかい油土でウォールを作って石膏やシリコンで分割型採りしていました。

乾燥すると当然収縮しますがほとんどひび割れずに小さくなるのでこれを利用して縮小バストの原型作っているヤツもいました。

しかし名前の由来がディズニーとは知りませんでした。

アメリカでは10kg位が$15位だったと思いますが、日本でも3000円位で買えるみたいです。

Posted by: ぴえ~る | December 22, 2006 at 02:47 AM

おー、詳しい説明ありがとうございます。
かなり硬くしてから型取りするというのは意外でした。
芯を使わないんですかねえ。
日本でも手に入るなら、一度使ってみたいですね。

Posted by: まなべ | December 22, 2006 at 03:27 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44609/13117035

Listed below are links to weblogs that reference 続々 土系:

» ディズニーパスポート [券 チケット パスポート情報]
券 チケット パスポート関連のことをまとめます。 アミューズメント中心です。 [Read More]

Tracked on December 19, 2006 at 01:30 AM

« 続 土系 | Main | 2007年幕開け »