« 昨日はWF | Main | キャスタリン造型24(ラスト?) »

キャスタリン造型23(まとめ)

長期連載だったこの「キャスタリン造型」も
いちおう作品が完成し複製をワンフェスで無事
販売できたことで、いよいよ終了です。

と、いうことで
「まとめ」ですが、
その前にシリコン型を取った後のことを。

ワンフェス会場で気付かれた方もいると思いますが、
型から取り出したキャスタリンは艶が消えてました。
、、って、まあ、だから何ってわけではありませんが。

それと、ちょっと余談ですが、
心配だった複製品のパーティングライン。
これが何と、ほとんど目立たずホッとしました。
そういえば"シッカロール"を使うことも書いてましたけど、
ウチにあったのは"ベビーパウダー"でした。で、
ベビーパウダー使ってます。そのおかげで、
ワンフェス当日販売したものは気泡もほとんど見当たらず、
手流しの複製品としてはなかなか良かったんではないでしょうか。
次回販売分など、あとしばらくキレイなのが抜けるといいなあ、と。

さて、いよいよ
アメリカンマテリアル「 Castilene 」について。

日本のフィギュア原型でよく使われる素材の中で感覚的に
一番近いのはワックスやインダストリアルクレイですかね。
常温である程度の硬さがあり、温めることで盛り付けや造型ができる。
個人的に良いな、と思うところは
ワックスペンを使って微妙な盛りができるところ。

でも、ちょっと気になるところもあり、
それはやはり夏場の軟らかさ。冷房を効かせた部屋で作業しないと
軟らかくなりすぎていて大変そうです。
Castilene には硬さが3段階あるようで、今回使ってたのは
最もハードなものです。それでもこの
連載開始当初は軟らかかったんですよね。
(大きめの造型にはソフトが適してると思いますが)

で、冬場に硬い場合もそれはそれで、
もうひとつ気になるところが出てきます。
個人的な意見になりますけど、それは造型スピードの低下。
通常ワックスなんかに関して言われるのは、スカルピーのように
オーブンで焼いたりする時間が必要がないので
その分作業スピードが早くなるってことで、それはたしかに
そうだと思うんですが、ここで言いたいのは
あくまでも「造型」のスピード。
ツールが深く入らなくなるので、ガーッと
勢いよく作っていくことができない。
これは自分にとってはけっこうマイナスポイントでした。

以上のようなことを考えると、グレイクレイとしては
わざわざ海外通販で送料をかけての入手をオススメするほどの
ことはない、かな、、。もしアメリカと同じ位の値段で
手に入るなら、「スカルピーよりも若干割安」という
メリットを感じられるかも。ですが。

ちゃんと作品も作れたし、決して悪くはないんですけどね。

*「キャスタリン造型」は多分あと1回、
おまけとして写真をちょこっと載せる予定です。

|

« 昨日はWF | Main | キャスタリン造型24(ラスト?) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 昨日はWF | Main | キャスタリン造型24(ラスト?) »