« カテゴリーの変更 | Main | スパイダーマンクロニクルズ »

試作か新作(芯のこと)

この連休中も仕事をしてるんでまだまだ
スタートできそうにありませんが、合間をみて
とりあえず支持棒を組み立ててみました。

Pipes02

木材を使ってもよかったんですが、
丈夫なものをお手軽に作りたかったんで鋼管をチョイス。

と、いうか、、。
またこの洋物好きがカタチから入っているよ。という声が聞こえてきそうな。
ま、それも間違ってはないです。
は、ともかく。

これ、お気付きの方もいらっしゃるでしょうが、通常
この横棒の先にはアルミ線なんかで作られた芯がつきます。
こんなふうに。

Pipes03

ちなみにベースから横棒までの高さは25センチ。
大体40センチ程度のスタチューが造型できるようにしてあります。

で。
何故、そのアルミ線の芯を作っていないか。
それはズバリ「芯が嫌いだから」。今回このアルミ線の芯は使わずにいきたい。
以前、潔く諦めて「芯は使おう」と考えていた時期もありましたが、
それはもう過去のこと。最近また「芯嫌い病」が出てきて、
なんとか、なんとか芯を使わないで造型できないもんか、と。
(ブロンズ粘土の場合、芯を使うとヒビ割れてしまうし)
完璧に諦める前にいろいろ試してみよう、ということですね。
悪アガキな可能性大ですけど。

この鋼管、購入したホームセンターでは
白ガス管と呼ばれてました。水廻りに使うと錆びるとのこと。
ブロンズ粘土にそのまま使って大丈夫か、という疑問もありますが、
まあ短い間ならなんとかなるか、と。錆びたら錆びたで、
それもテストの内ということで。

|

« カテゴリーの変更 | Main | スパイダーマンクロニクルズ »

Comments

アメリカだとこの手の材料が凄く安くて手に入るのでバシバシ使っていたけれど、日本で真似ようとしたらアホみたいに高かったので未だに木材使ってます。

デカイ物造る時鋼管だとスバッと切って溶接でどんな風にも強固な骨組みが簡単に造れるし、腕などの分割部分にネジ切ったパーツ持って来ると強度と使いやすさ両立出来て本当に便利だった。

日本って国はマッタク何で何でも高いんだろう?

Posted by: ぴえ~る | May 02, 2007 at 01:50 AM

材料安いらしいですねえアメリカ。造型材料も種類が豊富で
例えばカタログ見るだけでも楽しそう。
分割部分にネジ込みパーツを使うのは面白いですね。

今回のこの鋼管継手、パイプやジョント部分はホームセンターで普通に
売られていたんですが、フランジ(floor flange)の入手にやや手間取りました。
カタチから入るのも大変です。

Posted by: まなべ | May 02, 2007 at 11:20 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« カテゴリーの変更 | Main | スパイダーマンクロニクルズ »