« 試作か新作(カビ) | Main | カテゴリーの変更( test ) »

試作か新作(あっけなく時間切れ)

発見しては除去を繰り返すも、カビはついにブロンズ粘土の表面にまで
侵食。(足まわりだけですが。)ビニールをかけるのが悪いんだろう
ってことで水を軽〜くスプレーの後にむき出しで半日置いたら、
あ、、。見事に乾燥が進みました。表面は硬く、これ以上
カキとるのは難しい状態。これにより
今回の試作はあっけなく終了、、。

カビ取り作業の合間に造型を少し進めてたんですけど、
その際、何かの拍子に足が土台の板から外れました。すると
当初の思惑通り、鋼管にブラ下がるようにして収縮。
足と土台の間に1〜2ミリの隙間ができたので
薄い板を差し込んで安定させてたんですが、半日後にはさらに収縮し、
隙間5ミリほどに。で、背中の鋼管を抜いて像を下に降ろしました。
(後で背中の穴は埋めましたが、乾燥具合が違う粘土を使ったので
そのうちヒビが入るだろうと予想)
Shisakua11

下半身と背中が完成状態には程遠いですが、
いちおうこんな感じで強制終了。
Shisakua12
Shisakua13
Shisakua14
Shisakua15
首が太く見える(かもしれない)のは長髪が作りかけだから、
頭頂部が白いのはカビではなく乾燥による変色、です。

最後の段階で使ってたカキトリツール。
ループの大きさは、最初に使ってたのとケンパーツールの中間くらい。
Shisakua16

ラフスタチューは毎度そうなんですけど、
炎が燃え上がるような造型にしたいと思ってます。
今回もポーズは静かですが、筋肉の造型なんかは
メラメラと躍動している様を作ろうとしてました。
(なお、このキャラには今のところ名前はなし)
Shisakua17
Shisakua18
Shisakua19
Shisakua20

と、いうわけで、今回の試作でわかったこと。
背中の鋼管だけで支えるやり方は、ポーズによっては
なかなか有効かも。そして何より、
ブロンズ粘土による作業は、やはり短期集中で!

|

« 試作か新作(カビ) | Main | カテゴリーの変更( test ) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 試作か新作(カビ) | Main | カテゴリーの変更( test ) »