« July 2007 | Main | September 2007 »

彫金用ハードワックス

仕事をしてます毎日。

今受けてるのは20センチ位のフィギュア原型で、使用している
原型素材はハードワックスです。彫金用の。作るモノにも合わせ
諸々考えて、今回はこれが一番ストレスなく早く作れそうかなー
と選択しました。造型的には「盛り」よりも「彫り」主体に
なりますが、リューターも使えるしワックスペンで溶かしながら
成形する事も可能なんでまあまあ好きな素材です。今までも
仕事で何度か使いました。

自分の作品作りでは「造型」をやりたいので粘土系を使って
ますが、仕事では「フィギュア原型」を求められる事がほとんど
なんで、使用する素材はモノに合わせて色々です。

さて、このハードワックス。
指輪の原型に使われているのはよく見ますが、
フィギュアの、となるとあんまり思い当たりませんよね。
しかし世界は広い。
いらっしゃいましたフランスに。Dominique Mufraggi 氏。
バンドデシネのスタチューを作ってる造型集団の
お一人だろう、と推測してますが、フランス語は英語以上に
わからないもんで詳細は不明。(ご存じの方は教えて下さい)
原型やメイキングの写真を見る限り、間違いなく
ハードワックスですが、初めてこのページを見た時は
この素材でこんな表現も可能なんだなー、とちょっと感動しました。

それがコチラ

| | Comments (4)

頭部造型(リアルサイズ?)

コチラの続き。

コチラをどうぞ。

ほぼ迷いのない感じ。
水粘土系(だと思います)だと、こんな感じで進める事が可能です。

| | Comments (2)

うちのブログは

そろそろ新しいのを書かないと、いつまでも
鮮度の落ちた「昨日の様子〜」の記事が目に入ってしまって
ナンダカだなあ、と思ってるんですけど、特にネタもなく、、。
IDクレイ造型の再開やラフスタチューの再塗装をお見せできれば
いいんですが、WF後すぐに仕事が入ったため、それらは少し先に
なりそうな感じ。(夏休みはないです。いつもの事ですが)
他に、久しぶりのコレクション紹介記事
「世界のラフスタチュー」(仮題)とか考えてたんですが、
肝心のモノが収納の奥深くにあることが判明し、今は
取り出してる時間がないので、これも先。

と思ってたら、地獄日報でうちのスターリングを
取り上げてもらっていて、そこに「(グレイクレイは)ブログも頻繁に
更新してるわけではなく」との一文が。おお。なんてタイミング。
たしかに。

このブログの更新が頻繁ではないのは、
基本的に造型ネタしか書かない、からですね。
過去に自分が他の造型師ブログを見に行った時に、
普通の日記みたいな日常ネタがほとんどで
(地獄日報ではありません笑)、ほんのちょっとだけですが
ガッカリした事があったんで、うちは造型ネタだけで。と。
まあ、そうなると余程の造型バカでない限り、
毎日ネタはないんですけど、、。
(仕事の話が書ければいいんですが諸々難しいんで)

こんな時、スカルプターズコーナーでも更新されてるといいけど、
あそこもしばらく動きがないしなあ、と
造型ネタを求めてネットサーフ。で、ひとつ発見。
(シフレットブラザーズのフォーラムで、
リンクはって紹介してる投稿がありました)
*カテゴリを分けたいので記事を別にします

| | Comments (0)

WF終わって

お疲れさまでしたワンフェス。
早速ですが昨日の様子。

Wf07sum01
ちょっとわかりにくい写真ですけど、グレイクレイ卓はこんな感じでした。
向かって右はモデリズム。

IDクレイ原型を展示するってことで、その繋がりで
展示にも鋼管継手を利用してます。今まで高さを出すのに
知恵を絞ってたんですけど、これはなかなか便利でした。今後も
使えそう。まあ、ちょっと重いのがタマニキズですが。

原型は製作途中ということもあって、やや控えめな位置に。
Wf07sum02

Wf07sum04
「本日の販売 スターリング 4千円」
(最後には気泡アリの3千9百円に)

Wf07sum03
無事に完売しました。
お買い上げの皆様ホントーに有難うございました。
毎度のことですが、売れると本当に嬉しいです。

Wf07sum05
ラフスタチュー2キロ。

Wf07sum06
写真だとこんな感じなんですけど、実物はもっと汚いです。ort
やりたい塗装があったんですが力不足も甚だしく、こんな状態に。
そのうち時間かけて塗り直します。

今回の展示のイチオシ。ジェーン。
Wf07sum07

ジェーンのキャストだけ白っぽいアイボリーだったことも
幸いしたんですが、ここまでの「生きてる感」は自分的にも奇跡です。
Wf07sum08

今回の展示ではわかりやすさも考えて、
こんなのも作りました。
Wf07sum09
こうしてみると、ヒゲマスク1個から始めて
随分と数が出来てきました。

ここ数回、「無反応」という悲しい反応が多かったウチの展示ですが、
今回はよかった。立ち止まって見てくれる人が多くてとてもよかったです。
中でも、自分でも意外だったのがラフスタチューに対する好反応。
これは嬉しかったですねえ。今後も頑張ろうって気になりました。

そんな感じで以上、遅くなりましたが昨日の報告でした。
あ。そういえば、昨日の密かな目的のひとつであった
シフレットもののチェックorゲット。開場後と午後の2回
怪物屋さんを見に行ったんですけど、見当たらず。
売り切れてたのならちょっと残念。

| | Comments (4)

3千9百円

ワンフェス直前情報。

スターリングの販売ですが。
全部で5個程度にもかかわらず、結局
気泡ナシと気泡アリがありまして、もちろんナシの方から
売っていきます。早いもん勝ち。4千円です。
前回の販売と同様、オマケの台も付属。でもインスト類は無し。
で、気泡アリは3千9百円。
なので、表示がそうなっていたら
「あ〜気泡アリか、、」と思って下さいまし。
まあ、普通に飾ていただくぶんには、特に気にならないと思います。
状態を確認したい方はおっしゃっていただければお見せします。

展示は、ヒゲマスクシリーズ中ベッケン以外の全て。
塗装はスミ入れ程度ですが、中でもジェーンは必見です。
自分で書くのもなんですけど、あえて書きます。
ただのスミ入れキャストですが「生きてます」。是非御覧あれ。

ラフスタチューの塗装に関しては今後もっとちゃんとやるので、
今回は造型だけ見て下さい。

新作のインダストリアルクレイ造型は
すんません。全然進んでないです。でも展示するんで、
「あ〜次これなんだな」とか
「持ってきたんだ、、粘土を」とか思って下さいな。

それでは、どうぞよろしく。

| | Comments (0)

試作か新作(名前と設定)

ワンフェス展示の便宜上、彼の名前と設定を。ということで。

Shisakua22

シサック (sisack)

ヒゲマスクの敵キャラ。
元は粘土で作られた像。
魔術によって命が吹き込まれた戦士。
造型途中だったため、全身にその痕を残している。


え?駄目?

| | Comments (0)

夏のスターリング

ここのところ、販売用スターリングの抜きをやってたんですが、
今回のはちょっと気泡アリですね、、。暑いもんで、気泡を
取り除く作業を完了する前にキャストが硬化してしまう。
いちおうは目立たない場所にあったりするので、アウトレット扱い
するほどでもないんですけど、値段下げるかも。
といっても100円引きくらい。

顔に気泡が出てたりとか、そういうヒドめのものを
のけていくと、販売数は5個程度になりそうです。

| | Comments (0)

展示用三人組

Katadori02
どうにかこうにかキャスト変換に成功したラフスタチュー三人組。
(ホロウヘッドはバストにしました)

サンダーロード格言に「ムクはバカ」というのがあることだし、
いくらムク大好きの自分でも展示用のこれらをムクっちゃうほど
愚かではありません。もちろん中空で抜きますよ。と。
型を手でグルグル回せばいいだけだし。

と、思ってたんですが、、。
阿鼻叫喚のグルグル地獄&失敗を経て、「こっちの方が
無駄がない」という結論に達しました。全てムクです。2キロです。
ま、粘土のまんまよりは軽いです。

ところで。
自分でも予定してなかったことなんですが、今のところ
精密シリーズが実写版、ラフスタチューシリーズがコミック版
て感じになってますね。顔つきとかなんとなく。
(謎の人物に関しては微妙ですけど)
今後、そういう作り分けをしていくのもいいかもなあ、と思いました。

| | Comments (2)

IDクレイ造型は中断中

型取りやってます。

Katadori01

といっても
販売用ではなく、展示のためです。
ブロンズ粘土のまんまだと、壊れないかと
毎回ヒヤヒヤなんで遂に重い腰を上げてキャストに変換予定。
(見に来る人にとってはどっちでもいい事かもしれませんけど)

IDクレイ造型についてはすでに予告したとおり
原型展示になりますが、さらに予告すると
work in progress です。(言い切った)

| | Comments (0)

« July 2007 | Main | September 2007 »