« September 2008 | Main | November 2008 »

犬スタチュー

Softbank01
犬飼いました。

ウソでした。
これは、ソフトバンクのCMに出てくる白戸家のお父さん。
Softbank02
の、置物。これもスタチューということになりますね。
等身大かな。

LABI渋谷(ヤマダ電機)の店頭に設置されてます。
買い出しで久しぶりに渋谷に行ったんで、見に行きました。
前にネットのニュースで見て、あれ?この雰囲気は、ひょっとして、、
と思ってたんですけど、実物見たらやっぱりそうだろう、と。

このリアルさ、優しい顔立ち。
公式アナウンスはありませんが、犬屋さんの仕事だと思います。
生き馬の目を抜く大都会シブヤの家電量販店前に立つ癒しの犬。
見事です。

| | Comments (0)

クレイモデリング

2009年冬のワンフェスは中止決定とのこと。
12月にホビコンがありますが、グレイクレイは不参加。
(サンダーロードは出るので、またお客さんとして
出かけて行くとは思います)
そんな感じで当面イベントの参加予定もないので、
落ち着いて作品作り。ですかね。

次は、と書いてたIDクレイ造型再開にはまだ
取り掛ってませんが、まあ落ち着いてやります。
現在仕事でスカルピーを使ってますけど、やっぱり
ヤワラカいもんで、「ああ、早く、シッカリ硬めの
クレイをカキトりたい、クレイをカキトりたい」と、
気持ちの面では気運が高まってます。

そういえば最近、インダストリアルクレイ系ワードによる
検索が多いです。日産ムラーノの影響でしょーか。
アレ、粘土の造型途中画像好きには堪らないCMです。
しかもカキトってますから。

ああいう方面で著名な本は、「クレイモデリング」(三栄書房)
ですかね。カースタイリングの別冊。コレ
昔、さかうえ"レイガン"たけしから教えてもらって
買ったんですけど、自分のような
アバウトな造型師とは別世界で高レベルな専門書でした。
ウチでは、たまーに、精度の高い原型を作らなきゃならない時に
士気を高めるためにパラパラと眺める、といった使われ方です、、。

他に「モデリングテクニック」(グラフィック社)や
「立体デザイン模型」(美術出版社 新技法シリーズ たぶん絶版)
も、一部ですがクレイモデルに触れてましたね。

| | Comments (0)

ベッケン2展示終了今日最終日でした

人・形展、本日16時に終了しました。
足を運んで下さった方々、どうも有難うございました。

ウチは撤収作業もすぐに終わり、何処にも
貰われていかなかったベッケン2ともども
早々に帰途につきました。

と、いうことでラフスタチューで初めて販売を試みた
ベッケン2は、こうして手元に残ったわけですが、
どうするかな、、。ワンフェスの展示用かなやっぱり。
今回と同額での、一点モノとしての販売は
おそらくないですが、気が向いたら
若干数、"抜きっぱなし"を用意して、ガレージキット価格で
販売、てのはあるかもしれないですね。

| | Comments (0)

続 clay study

残すところ2日となった人・形展。
今回はラフスタチューを作ったわけですが、
「ヒゲマスク(などの精密バスト)も見たかった」
との意見もいただいてます。

ギャラリーを見渡すと、
形がリアル、肌の質感がリアル、と
人形の世界にもリアル要素が人を
惹き付けている一面があるような。

そこで。というわけではなくて
当初の予定どおりですけど、
人・形展が終わったら次は、IDクレイ造型を再開です。
リアル系精密バスト。

そして、そんな自分の士気を高めてくれるのが、
この間も記事を書いたティム・ブラックナー氏による
顔の習作シリーズ。いつまで続くのかな。
永遠に見ていたい気もしますが、
今日の時点でのこの最新作が、今のところ一番好きです。
顔の造型ってのはこうやんだよ。
と、お手本を見せられてるような感じ。

粘土状態のも別に見られますが、
塗装も素晴らしいんで今回はコチラにリンク

| | Comments (0)

ベッケン2画像

完成写真を載せると書いたものの、
人・形展はオープンしたら場内撮影禁止だし、
そもそも会場の照明状況ではうまく撮影できそうにない。

で、展示している販売用と同様の仕上げを施した
保存用のベッケン2を家で撮影。、、したんですけど、
これが非常に難しかった。(露出の問題だけでなくて。)
いかに肉眼で見た時の印象を再現できるか、
あまりうまくいってないかもしれませんが、こんな感じです。

Hitogata07
Hitogata08


Hitogata09
Hitogata10
Hitogata11
原型でワックスペンを使用した部分は元々
ツルリン、テカテカ、としているんですが、見た目を
もっとイイ感じにするべく、キャスト変換後に
全体を布等で磨きまくってます。
(黒いのはキャストの地色です)
開いている右目には金属光沢の処理を
施して、印象を強めに。

大きさはこんな感じです。(高さ約18センチ)
Hitogata12

ヒゲマスクとの比較。
Hitogata13

搬入時にサンダーロードに、
「コレはホントは手に取って見回してもらうのが一番」と話すと、
「なら、それ用の見本を鎖つけて置いとけばいいんじゃねーすか」と
言われたんですけど、今回の撮影をしていて、
ああ、あった方がいいかも、、オサワリ見本。と。
自分が会場にいる時なら鎖も必要ないし。

と、いうことで、自分の在廊予定日である
今日4日と明日、
撮影で使った保存用ベッケン2を
お触り用として持っていこうと思います。

残念ながら丸1日はちょっと居られそうにないので、
タイミングが合わない方がいらっしゃいましたら
すみませんが。

Hitogata14
Hitogata15

| | Comments (0)

ベッケン2搬入終了今日初日

ボウエンから以前ヘルボーイの
ミュージアムスタイルのバストが出てたと思いますが、
ウチの美術館所蔵風はコチラ。どーん!
Hitogata03

と、いうことで、
もう日付け変わったんで昨日になりますが
ベッケン2、HITOGATA展の会場に搬入して来ました。
こんな感じ。
Hitogata04
ちなみにサンダーロードと同卓。ワンフェスと同じ。
何故かそれぞれ、像の台座に四角い木を使ってるところも同じ。

そして肝心の、、
Hitogata05
木の台座や鋼管類はディスプレイなので含まず、
ムクで約0.6キロの黒キャストのみが、ごまんえんプラス消費税。
前にも書きましたが、販売数は1個だけ。

人・形展は今日から7日まで、朝9時から夜9時(最終日は4時まで)、
入場無料でもありますので、東京駅近辺にいらした際には
是非御覧になって下さいまし。バラエティ豊かな作品群です。
(自分は週末に在廊予定です)

作るのが楽しくてしょーがなかった
渾身の造型ベッケン2の完成画像はまたアップします。
Hitogata06

| | Comments (0)

« September 2008 | Main | November 2008 »