« 神奈川マナベ造形 | Main | IDクレイ造型 8(芯のこと) »

ハルクバスト

Hulkbust09

このあいだ壽屋さんから
ハルクバストスタチューのサンプルを貰いました。
そうか、11月発売だった。

前にも書きましたが、
コミコン限定版との違いは、台座と表情(口元)。

台座はアメリカの映画館の看板を
模したデザインになっていて、タイトルの点灯が可能です。
Hulkbust10
Hulkbust11
バスト部分にも照明を当てているので、看板の光だけでこんな風に
全体が明るく見えるわけではありませんので念のため。
(この台座は、コトブキヤマーベルシリーズの
実写映画キャラのバスト共通のもので、この部分の原型は
他の方が作られてます)

今回の画像は暗めの照明で撮影したので、色に関して
実際より鮮やかさが落ちていると思いますが、顔はこんな感じ。
Hulkbust12
Hulkbust13

ガレージキット以外の一般の
塗装済みの製品はなんでもそうですが、
原型と比較すると、なんていうのかな、、やや甘くなる
というのかな、、気のせいかもしれませんけど
自分自身には感じが微妙に違って見えます。

世間的には、こういうのは
量産ということによって生じる劣化、てことで、
自分も買い物なんかの時に「サンプル写真は良かったのに」
と思うこともあります。

が。

自分が作ったものに対するこの変化、
これは意外と好きなんですよねえ。なんだか矛盾してますが。
特にこのハルクのような、スタチュー特有の質感を伴って
生まれ変わってきたものを見ると楽しくなって
Hulkbust14
わー!
って感じ。

|

« 神奈川マナベ造形 | Main | IDクレイ造型 8(芯のこと) »

Comments

こんにちは。インダストリアルクレイの記事が非常に秀逸で参考になりました。それで最近自分でもインダストリアルクレイを使って人形を作りはじめました。

こういうった人形を作ること自体初めてみたいなものなので、自分もジョン・ブラウン氏のDVDを購入してみて、参考にしてみたのですが、まなべさんはどうやって芯材を組み立てていらっしゃるのでしょうか?ジョンブラウン氏の芯材はジョイント部分に真鍮パイプを使用していましたがまなべさんのそれとは少し違うようです。それと銅管の支柱の部分はあまりかわらないようですが、ジョンブラウン氏のものは胴体に芯になる針金をエポキシパテで固定したパイプを埋め込んでいましたが、そこも少し違うみたいです。それでもしよろしければ使用したパーツ、パーツの購入先、組み立て方等教えてもらいたいのですが。。

今作ってる人形がちょうどまなべさんのホロウヘッドのような体型になってしまって、足首のところでぽっきりいってしまったので、きちんとした支柱が必要になってきてしまったのです。しかし粘土細工は難しいですね。。

Posted by: ゲン | November 17, 2008 at 06:24 PM

ゲンさんこんばんは。コメントありがとうございます。
粘土難しいですよねえ。
でも、楽しいのでやめられないなー。と思ってます。

ご質問の件ですが、IDクレイ造型 の記事として
まとめてみますので少々お待ち下さい。

Posted by: まなべ | November 17, 2008 at 11:08 PM

おまたせしました。
IDクレイ造型 8 を御覧下さい。

Posted by: まなべ | November 18, 2008 at 02:19 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 神奈川マナベ造形 | Main | IDクレイ造型 8(芯のこと) »