« ハルクバスト | Main | 原宿でメカトロ »

IDクレイ造型 8(芯のこと)

ゲンさんより質問コメントいただきましたのでこちらで回答。

現在見事に中断中のIDクレイ造型
(元々やってた全身の方)ですけど、その芯についてです。
コレですね。

まず人型の部分ですが、
使用しているのは直径3ミリのアルミ線。

足の先は、IDクレイ造型2 の画像は製作途中なので
わかりにくいんですけど、床に置いた2枚の板を使って
挟んで固定してます。
ジョンブラウン氏の DVD ではたしかネジとパテを使って
床板に固定してました。つまり、
足元と背面をしっかり固定(背面は鋼管支柱)することで、
芯がグラグラして造型し辛くなることを防いでいます。
自分が、板で挟んだ固定の仕方にしているのは、
型取りを考えてバラしやすくしているためと、後から足元に
ベースを作ることにした場合に備えて、その分の
高さの余裕を用意しておくためです。

肩に一段膨らんだところがありますが、
これは内径3ミリのアルミパイプを適当な長さにカットしたものです。
そのパイプの中に通っている、胴体から腕にいくアルミ線は
つながっていません。
中で切れているため、腕の芯をスポッと抜くことができます。
(サイズピッタリのパイプでつないでいるわけです。
この方法は、スカルピー等の芯を作る場合にもよく使います)
なお、頭の芯も胴体から引き抜くことができます。
芯をこうして作っておくことで、後で粘土を
糸やワイヤーで切断すれば楽にパーツを分割できます。

分割した方が、造型しやすかったり型取りしやすかったり
する場合があるので、こんな風にしています。

ジョンブラウン氏は芯の分割部分に角のパイプを使ってますが、
これは、クルクル回転してしまわない
(キッチリと向きを固定する)ためじゃないかと思います。

アルミ線やアルミパイプは東急ハンズで購入。
角のパイプも売ってたように思いますが、ちょっとうろ憶え。

頭の芯と、足からの芯を縛ってまとめているアルミ線の中に
直径3ミリのが見えますけど、これは
適当な長さを背面の鋼管の中に差し込んであります。
たしか、中で何回か折り曲げて
いちおうグラグラしないように、そして引っこ抜けば
鋼管とバラせるようにしてたはず。
これも、上で書いたのと同じく
型取り等の事を考えてです。

ジョンブラウン氏はこの部分に、T字型の鋼管パーツを使ってます。
やはり型取り時に、背面の鋼管と簡単にバラせるようにだと思います。

さて、鋼管についてですが
これは店の大小にもよるかもしれませんけど、
ホームセンターで売ってます。
白ガス管と呼ばれてたりして、うちの近所の店では
水道管やらガス管やらの売り場にありました。
太さと長さには数種類あるので、店で確認するのが一番ですが、
IDクレイ造型で使っているのは太さが 1/4 ってものです。
L字パーツ等も、それに対応したサイズを使用してます。

床板に鋼管を立たせる円盤状のパーツ、ねじ込みフランジという
ものですけど、これだけはホームセンターでは売ってない可能性が
あります。取り寄せも無理な場合、
ココで入手可能です。
自分は、呼び径(B)が 1/2 のものを使っていて、
この穴の直径は支柱にしている 1/4 より太いため、
間にブッシングという
異サイズを変換するパーツをかましてます。
(この場合は 1/2 と 1/4 を変換)
ブッシングはホームセンターでも売ってました。

ココを見ると、
パーツについて参考になるかもしれません。
エルボやチーズという呼び名だったり。

なお、アルミ線を差し込んでいる背面の鋼管ですが、
そこだけネジが切られてません。というか、
正確には、ネジの部分がありません。
粘土から抜く時に引っ掛かるとイヤだったので
購入したホームセンターの加工サービスを利用して
カットしてもらいました。
(最初から片方だけネジが切られていないものも
存在したような気がしますが、うろ憶え)

フランジの床板への固定は、フランジにあいた4つの穴の
径に適した木ネジとワッシャーを使って留めてあります。
IDクレイ造型2 の画像を見ると、その
フランジが留めてある板もさらに
木ネジで下の板に留めてあるわけですが、これは
鋼管類をバラしやすくするため。
この辺は、実際にやってみるとわかると思います。

と、以上のような感じですけど、
どうでしょうか。

|

« ハルクバスト | Main | 原宿でメカトロ »

Comments

ご丁寧な解説ありがとうございました。今度作るときに参考にさせてもらいます。
アルミ線の太さにあわせた真鍮パイプを使うほうが手間はかからなそうですし、ポージングの変更もしやすそうですね。

あと何個か質問があるのですが、よろしいでしょうか?

呼び径(B)をフランジは1/2、銅管を1/4にしたのは何か理由があってのことなんでしょうか?

それと

>頭の芯と、足からの芯を縛ってまとめているアルミ線の中に
>直径3ミリのが見えますけど、これは
>適当な長さを背面の鋼管の中に差し込んであります。
>たしか、中で何回か折り曲げて
>いちおうグラグラしないように、そして引っこ抜けば
>鋼管とバラせるようにしてたはず。

この部分なんですが、3ミリのアルミ線を本体の芯材に巻きつけて、銅管接合部を、銅管の太さにあわせて丸めて塊を作る等の加工をしている、という解釈でよろしいでしょうか?それとこの方法で支える場合ぐらつきはどの程度のものなんでしょうか?

あとこれは芯とは関係なくて、DVDにでてきた道具についてなのでなのですが、ジョンブラウン氏は筋肉の流れ等を確認するために、粘土表面にテクスチャーをつけるようなぎざぎざがついているケンパーツールを使用していました。まなべさんも糸鋸を加工したものを使っておられるようですが、こういう道具は自作するしかないんでしょうかね?筋肉の流れは、自分も粘土を作っているうちに分からなくなることが多いのであの方法は結構つかえるかなあと思って見ていました。

Posted by: ゲン | November 18, 2008 at 11:02 AM

> アルミ線の太さにあわせた真鍮パイプを使うほうが手間はかからなそうですし、ポージングの変更もしやすそうですね。


そうですね。
自分の場合も、後からポーズを微妙に変えていく事がよくあるので、
角のものを使うより普通の丸いパイプの方が回転させられる分の
自由度があっていいです。
ユルくて芯としては回転しすぎる時には、アルミ線のほうを
軽〜くニッパで挟んだりして、渋みを調整したりしてます。
余談ですが、自分は真鍮よりアルミを使うことが多いです。
切断等の加工が楽なので。まあ、この辺は入手のしやすさも
関係あるので参考まで。


>呼び径(B)をフランジは1/2、銅管を1/4にしたのは何か理由があってのことなんでしょうか?

まず自分の用途では、そんなに太い鋼管(あ、銅管ではなく鋼管ですね念のため)を使用する事がなさそうだったので、
サイズは小さめで考えました。

で、売られているフランジ呼び径(B)のサイズが最小のものが
たしか 1/2 だったので、フランジはそれを選択。
ニップルで適当なサイズは 1/4 だったため、ふたつを
接続できないかと思ったら、ちゃんと
異なる径を接続できるパーツが市販されていていた。という経緯です。


>この部分なんですが、3ミリのアルミ線を本体の芯材に巻きつけて、銅管接合部を、銅管の太さにあわせて丸めて塊を作る等の加工をしている、という解釈でよろしいでしょうか?それとこの方法で支える場合ぐらつきはどの程度のものなんでしょうか?

多分その解釈で問題ないと思います。
丸めた塊を鋼管の内側に差し込んで固定するわけですね。
ぐらつきはどうだったかな、、サイズも小さいし、
粘土はアルミ線の芯とともに鋼管の先にも盛られることになるので、
特にぐらついて困ったという記憶はないですねえ。
少し大きめのモノなのであれば、ジョンブラウン式に
鋼管パーツ(チーズ)を使うと確実なのかもしれませんね。


>あとこれは芯とは関係なくて、DVDにでてきた道具についてなのでなのですが、ジョンブラウン氏は筋肉の流れ等を確認するために、粘土表面にテクスチャーをつけるようなぎざぎざがついているケンパーツールを使用していました。まなべさんも糸鋸を加工したものを使っておられるようですが、こういう道具は自作するしかないんでしょうかね?筋肉の流れは、自分も粘土を作っているうちに分からなくなることが多いのであの方法は結構つかえるかなあと思って見ていました。

自分は単純に、面をカキトるためにあのツールを使っているのだと
考えてましたが、たしかにテクスチャによって表面の反射を
変えることで流れも確認しやすくなりそうですね。
日本でああいったツールが販売されているのは自分は
見たことないですねえ。けっこう大きめのサイズであれば
陶芸品売り場にもあったりしますが、
小さいツールはちょっと記憶にないです。
でも、ようはノコ刃(歯)のように凸凹していればいいだけなので、
自分で簡単に作れてしまいますよ。
ループ部分に、リューター等で筋をつけていくだけでもいいし、
適当な太さのアルミ線等を間隔をあけながら巻き付けていくだけでも。
サランラップの刃も使えたりします。

あ。今思い出しましたけど、彫塑用品のところや
陶芸品売り場に木ベラが売られてますが、その中に
先がギザギザになっているものもあります。
ループとは見た目が違いますけど、同じように使えると思います。

あと、市販されているもので利用できたのは、
女性用の眉ソリですかね。
自分が昔買ったものは、幅がたしか1センチ位の
小さいT字型カミソリで、安全ガードっいうのかな、、
刃が直接肌にあたらないようにガードがついているため
凸凹していました。そんなに深いテクスチャはつけられませんが、
それなりに使えました。

Posted by: まなべ | November 18, 2008 at 12:33 PM

なるほどありがとうございました。
銅管じゃなくて鋼管、ですね。モニターからかなり離れて画面をみているのでよく、ぱ、ば、とかび、ぴとか見間違えるんですよね。ご指摘どうもです。お店で恥をかかなくてすみました笑

あと最後にもうひとつだけ質問させてください。
以前Modeling the Figure in Clayを紹介なさっていましたが、この本自分も以前、粘土細工以外の目的で購入していて手元にあるんですが、この人の粘土細工に使っている支柱が冒頭の作例のページ郡の後に一ページだけのっていますよね?これはどうやって組み立ててると思いますか?実験道具か、ドールスタンドみたいにみえるんですけれど、これなら立像も坐像も作れます、みたいな解説があるので、使いようによったら、意外と使えそうかなあとも思ったんですが。まなべさんはこの方法で支柱を作ったこととかあったりしないでしょうか?

Posted by: ゲン | November 18, 2008 at 06:21 PM

写真確認しました。
この形式の支柱も、鋼管と並んで
海外の造型写真で時々目にしますね。
蝶ネジで、高さと芯までの距離を
調整できるようになっているタイプ。
自分は鋼管の方がゴツくて好きなので
この方法を試したことはまだないですが、
今までに見た写真の記憶では、大体は手作りっぽい印象でした。

もし自分で作るとすれば、とりあえず
急ぎであれば適当な棒(木でも金属でも、丸でも角でも)を
2本用意し、1本は床板に穴を開けるか
またはL字の金具を使用する等して立てます。
もう1本を横棒とし、その先に人型の芯を取り付けて、
逆側を縦棒にCクランプで直角に挟んで完成します。

でも本に出ている支柱のように
キレイに作らなきゃならない場合は、、
とりあえず東急ハンズに
使えそうなパーツが売っていないか探しに行きます、、。
今、直感でアレが使えそうかな、と思い浮かべたのは、
アームの長さや深さを調整できる糸ノコですかね。
あのアームが使えないか、とか。
他にはトースカンという道具のパーツを利用できないかな、とか。

と、書いていても、あまり
ゲンさんの質問の答えにはなっていそうにないので、
ここらで勝手にリンク。
本のものとまったく同じというわけではありませんが、
たぶん参考になると思います。
http://www.squidoo.com/armatures
このページに掲載されている画像や、
Armature Stand Links で紹介されているページがオススメです。

ひょっとしたら海外ではこのタイプも
市販されている可能性があるので、
Adjustable Armature Stand
などのワードで検索するのもいいかもしれません。

Posted by: まなべ | November 18, 2008 at 11:50 PM

リンク先のページを見ましたが、結構この形の支柱を作るのは手間がかかりそうですね。なにせ自分は日曜大工的なものが苦手でして、そのうえ工具もあまりないので。やはり鋼管を使った支柱のほうが手間がかからなくてよさそうですね。もう少し調べてみてどちらにするか決めたいと思います。

質問攻めにしてしまってすいませんでした。どうもありがとうございました。

Posted by: | November 19, 2008 at 11:24 AM

日曜大工苦手とのこと。そんなゲンさんにも
ノープロブレムな支柱があります。

http://www.hvatv.com/
このページの
Issue 1 - Tony Cipriano (Part 2)
を御覧あれ。
後半で全身像を造型していますが、その支柱が
一番簡単だと思います。
型取りの際にも簡単に切断できますし。

それでは、人形造型がんばって下さい。
健闘をお祈りします。

Posted by: まなべ | November 19, 2008 at 01:01 PM

URLありがとうございます。
ポリパテかなにかで6mmくらいのアルミ線を固定して使ってるみたいですね。確かにこれは一番楽そうですね。緑色の土台の粘土はなんでしょうね?普通の油粘土ですかね。

こういう英語のサイトの造形情報とか、結構多いんですね。youtubeとかでもすごいたくさん動画がありますし。インダストリアルクレイって日本ではマイナーなみたいですけどあっちでは盛んなんですねぇ。あと関係ないですが、URL先のイラストレーターの人の絵は馬鹿ウマですね。アメコミとかそっち系のフィギュアとかあんまり詳しくないですけど、技術がずば抜けてる人が多い印象です。


あとこれは蛇足ですけど、さっき逆ネジ、引き締めネジ、等々、まなべさんに教えてもらったリンク先のスタンド作成に必要な特殊なネジがあるかどうか近所のホームセンター数件に問い合わせたんですが全滅でした。フランジももちろんありませんでした。。こういうパーツを手に入れるだけでも、自分には知識がないので相当苦労しています。なのでまなべさんのアドバイスは無料で専門の講習を受けてるように貴重な情報ばかりでとてもありがたいです。

Posted by: ゲン | November 19, 2008 at 09:24 PM

緑の土台は確証はありませんが
castilene じゃないかと思います。
見た目がそんな感じなんで。

海外の造型師やコミックアーティストには
基礎をしっかりと習得している人が多そうですね。
そのため、参考にもしやすいです。

支柱ですが、特殊なネジがなくても恐らく製作可能ですよ。
もし時間的な余裕があるようでしたら、実際に手に取って確認できる
店に出向いて、使えそうなパーツを探すのもアリですね。

縦棒と横棒は、細長〜いボルトが2本あればいいです。
縦棒を立てるためには、床板に穴を開けてボルトを通し、
板を挟む感じでナット2個で留めるだけでも大丈夫かな。
その場合、床板にはゲタのように角材をつけて
少し持ち上げてやる必要がありますが、そうしておくことで
ただの板よりも持ちやすくなり移動も楽なので便利です。
(IDバストの土台がちょうどソレですね)

一番難しそうなのは、縦棒横棒を直角に交差させ固定する部分ですが、
ここはいろんな方法が考えられ、それはつまり
どんな方法でも構わない。ってことですね。

て、ことで試しに
手持ちの材料で作ってみました。
(ドリルを使う等の、加工はナシで。)
このブログの左サイドバーの一番下に表示されている
REFERENCEを御覧下さい。

使用したのは長いボルトとナット、目玉クリップ。
床板に立てるのには、市販されているパーツ(名称未確認)を使ってます。
目玉クリップはダイソー、残りは東急ハンズで買ったもの。

目玉クリップで縦棒の適当な位置を挟み、その上下を
ナットによって締め付けて固定。
クリップの穴にちょうど合うボルトをネジ込み、
ナットで締めて固定。

この場合はこれしかなかったので横棒は
長〜いナベネジですが、本当は
型取りの際に原型から外しやすいように、
ただのボルトがベストです。

また、クリップとの固定に蝶ナットを使ってますが、
これもこれしかなかったからで、普通のナットで問題ありません。
反対側にもナットを用意して、挟むようにするとベストです。

ナットの締め付けにレンチかペンチが必要ですが、
他は組み立てただけですね。
もし縦棒を立てるためのパーツが手に入らず
床板に穴を開けなければならない場合でも、その板をホームセンターで
購入する際にそこの加工サービスを利用して開けてもらえば問題なし。
(加工サービスは有料だと思います)

ただ、ここまで説明しておいてなんですが、
これ、目玉クリップの強度がそれなりなんで、
少々グラツきます、、。(えぇ!?)

最後に、ちょっと思い出したので参考まで。
彫塑材料を置いているような画材屋さんであれば、
彫塑用芯棒というのも扱っていると思います。
こんなの。
http://www.yumegazai.com/default.asp?mode=product&pc=zk-2231-713
このページのはサイズがデカくて高価ですが、
もっと小さくて3千〜4千円のものを以前見たことがあります。
なんだか廃盤になっているような気配ですが、
ひょっとすると店頭に残っているところも
あるかもしれませんね。
型取りの際に芯と支柱をバラせそうにないので、
あまりオススメではありませんが。

Posted by: まなべ | November 20, 2008 at 04:35 PM

castileneなんですかね。まなべさんが使ってらしたんで名前は知ってますが、これは日本じゃ手に入らないし使えないですね。

支柱も結構簡単に作れるものなんですね。いやあまなべさんは器用ですね。自分は技術の、一ミリ寸法を間違えるとだめになる、みたいな設計の厳しさに打ちひしがれて、それ以来DIY恐怖症みたいになっていて、どうにもいかんです笑 URLも参考にしてみます。どうもありがとうございます。

Posted by: ゲン | November 21, 2008 at 07:33 PM

技術の、じゃ意味が通じないですね。中学の時に受けた技術の授業で使った設計図のことです。

Posted by: ゲン | November 21, 2008 at 07:35 PM

こんにちは!大阪のkumiです。ムーミンのブログにも書き込んだのですが、NHK教育でやってたフィギュア文化(岡田斗司夫、ボーメ、村上隆)見ましたか?ボーメって名前が「帽子と眼鏡」って…笑いました。でも、すごい人ですね。尊敬します。ワンフェスで一緒にコーナーやってた方のインタビューもばっちり出てました。でも角度が誠ちゃん&ムーミンの方向から写していたので、お二方の画面のちら映り無かったのが残念です。番組はとてもおもしろかったです。ではではkumi

Posted by: kumi | December 02, 2008 at 12:42 AM

こんにちは。
番組見ました。あー、モデリズムの取材は
これだったのか、と。
(撮影時はブース内から眺めてました)
当然、会場風景の映像の中に
kumiさん&章ちゃんを探したわけですが、
映ってなかったですねえ。残念。

Posted by: まなべ | December 02, 2008 at 11:06 AM

固定用の台は本当に大事ですよね
自分も昨日材料を買いに行ってさっき組み立てました。
予算は2000円くらいでしょうか。

ロダに画像が残ってることを祈りますが
こんな感じです。
http://nagamochi.info/src/up17467.jpg


ねじ込みフランジはクロームソケットでもよいと思います。
タオル掛けとかの根元のアレです。
http://item.rakuten.co.jp/giveup/10000307/#10000307

自分がジョイントに使用してるものは
コレなんですけど
http://www.999shimano.com/test/e/seihinn-16850.htm
メーカーに問い合わせると廃番で在庫なしとのことです。
ハンズ池袋店で私が買ったものがほとんど最後だったようで…
一度はめると抜けないのでもう少し数が欲しかったです。

Posted by: | June 17, 2009 at 10:58 AM

おー。頑丈そうですね。そして見た目がキレイ笑
(こうして、使えそうなモノをいろいろ発想するのは楽しいですね)

Mark Newman 氏の原型写真を見ていても
けっこう支柱が出てたりして、やはり
固定して造型するのはイイんだろうなあ。と思います。

Posted by: まなべ | June 17, 2009 at 05:01 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ハルクバスト | Main | 原宿でメカトロ »