« 昨日の おとなのワンフェス | Main | ワックス作業にあたっての注意事項2 »

ワックス作業にあたっての注意事項(追記あり)

ワックス造型に取り組み始めた方も多い今日この頃。だと思います。
先日のワンフェスでも、ワックスについて数名の方から質問されたので
自分が知っていることを答えていたんですけど、その際
あ、そーか、あれをちゃんと言っておかないと。って
気付かされたことがあったんで書いておきます。

それは溶かす時の注意点。

WAX造形でディテールを作る際に表面をトーチで溶かす場合は、
あくまでも熱源を近付ける、という感じで軽く。

やりすぎると煙が出ますが、それは
ワックスが気化したものなので吸ってはダメです。
といっても、近くに換気扇でもないと吸っちゃうと思うんで、
煙が出るほどアブるのはやめておいた方がいいでしょう。
(一度や二度、少量を吸ってしまった場合、自分が知ってる情報では
そんなに身体に問題が起こるわけではないようですが、
頻繁に繰り返すのは良くないでしょうね)

うちの記事で紹介したこともある電池式のワックスペンも、
電池が新しいうちは先が高温になるので、スイッチをまめに
操作してできるだけ低い温度で作業します。

また、型に流すために鍋で溶かす場合も、温度を上げ過ぎないように注意。
彫金用のハードワックス以外は通常、融点は100℃以下です。
(ものによって違いますが、50〜70℃くらいで考えていればいいと思います)
100℃を超えてしばらく温度を上げ続けるとワックスは発火するので危険です。
鍋で溶かす場合は必ず湯煎で。
もちろん換気扇をつけて、蒸気は吸わないように。


*追記 というか若干の訂正ですが。
50〜70℃くらいと書いてますが、ZENは80℃強かも。
また tooling wax などと呼ばれる海外の
型に流して使う原型用で100℃くらいのものもありました。


こういうワックスの注意点については、
手作りキャンドルや、スキー(スノボ?)のワクシング方面を
調べても情報が得られると思います。
(スキーワックスの場合には、気化する量が多いためか、また成分的にも
問題があるらしくマスクをして作業することもあり、その場合には
オイルミスト用のマスクがいいみたいです)

なお、ジェーンズナイトメアの製作では
ZEN−WAXを溶かして型に流したものをベースにしていますが、
それはあくまでも「こんなこともできるよ」という一例です。
あのワックスは粘土状に扱うのが基本だと思いますので念のため。
この本で出てくる、粘土から変換して仕上げていくワックスはきっと、
もっと硬いタイプです。
*追記
こういうのが tooling wax と呼ばれるものだと思います。

|

« 昨日の おとなのワンフェス | Main | ワックス作業にあたっての注意事項2 »

Comments

WFでCHAVANT NSP Clayを購入したのですが
コレを熱したときにも何か有害なものが出てるんですかね?

火で軽く撫でるような感じで表面をならしてますけど
たまに煙?が出ます。

一応塗装用の換気ファン回してますが…

Posted by: | July 30, 2009 at 03:45 AM

どうなんでしょうね。

Chavant の HP に用意されてる MSDS を見ると
消防に関するところで
煙を避けろ的なことは書いてありますが、
まあ、これは一般的に記述してあることかもしれません。
(確証はないですけど)

ジョン・ブラウン氏のDVDでは
けっこう煙出てて、でも特に気にしてる風ではありませんし、
Chavant のHPにも
All Chavant products are Non-Toxic and Non-Hazardous
て一文があったりするので、そんなに気にしなくても
いいのかもしれませんね。

自分としては、
少量で何か問題になることはないと
思いますが、吸わないにこしたこともない。
という感じでしょうか。

Posted by: グレイクレイまなべ | July 30, 2009 at 01:32 PM

ありがとうございます。
吸わないにこしたこともない。確かにその通りですね。

思っていたより硬い素材ですが
レオンクレイよりは出したい形が出るので驚いてます。
他の温度調整が必要な素材はいまだに食わず嫌いですが…

Posted by: | July 30, 2009 at 06:54 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 昨日の おとなのワンフェス | Main | ワックス作業にあたっての注意事項2 »