« ワックス作業にあたっての注意事項2 | Main | 続 1/87人形 »

ほいく粘土

NSP だ NS45B だ、はたまたレオンだローマだプラスタリーナだ、と
オイルベースの粘土にもいろいろありますが、今回のタイトルは「ほいく粘土」。

Hoiku01

子供は工作、大人は型取りに、と幅広い層に愛されているであろう
身近な油粘土です。

が。
型取りに、と書いたとおり大人がこれで作品を作る話はあまり聞きません。
大人になると〜いや、大人というか正確には「原型作る人」ですけど〜どんどん
ディテールを作り込みたくなって、しかし
この粘土では軟らかすぎてそれが難しい為だと思われます。
スカルピーのように途中で焼き固めることもできないし。

自分は造型始めた若い頃、希望する油土の入手が
困難だったこともあってほいく粘土のような「子供向け粘土」で
原型を作ったことがありましたけど、やはりその軟らかさに閉口しました。

なので、ほいく粘土を見てもコレで何か作ろうと思ったことはなく、
同じように考えている人も多いのではないか、と。

しかし世の中は広い。そうは考えなかった人がおりました。

Hoiku02

マッドウェーブさんの「リッキー」は、原型素材がなんと
ほいく粘土!!

ブログを読んだ時、え?ほいく粘土で??
と興味を持ったんですが、念願叶ってこのほど入手。

Hoiku03

ようやく実物をジックリ見られたわけですが、
ちょっと信じられない感じです。ワックスで作ったんではなく??と。
んー、このサイズだから作れたのかな、、あの粘土と
どう格闘すればこのディテールが作れるのか。いや
格闘するからいけないのか。

マッドウェーブさんは以前インダストリアルクレイでスタチューの
原型作った時も、それをほいく粘土で埋めて
2面取りしたって聞きましたが、ほいく粘土とすごく相性が良い
としか考えられないです。でなきゃ、よっぽど器用なのか、、
どちらにしても作業が丁寧。

Hoiku04

Hoiku05

いやー、驚きました。
常識にとらわれないとはこういう事か。

ワックスやスカルピーも含め、いろんな粘土を試しても
ベストな素材に出会えていない方々、ひょっとしたら
ほいく粘土で原型というのもやってみると意外に合うかもしれません。

Hoiku06

Hoiku07

|

« ワックス作業にあたっての注意事項2 | Main | 続 1/87人形 »

Comments

ご紹介ありがとうございます!
だいぶん良く撮って頂いて、恥ずかしくなってきました・・・
ほいく粘土は、型取に使用して油分が抜けたものを
使用しましたが、あえて原型に使うまでのメリットは
見当たりませんでした(笑)。

Posted by: マッドウェーブ | August 09, 2009 at 01:08 AM

油分が抜けてると固くなってスカルピーぽく
なるんですかね。実物を見て、髪や
鼻の穴の繊細な造型にはホントに驚きました。

Posted by: グレイクレイまなべ | August 09, 2009 at 11:23 AM

ほいく粘土を複製に使用されている方はご存知と思い
ますが、2、3回型作りに使用したものは適度に油分が
抜けて(新品に比べ)扱い易くなります。
リッキーの原型は、かなり油分が抜けて硬く、白っぽく
変色しています。
ここまでくると、なめらかさが失われ、ちょっと扱い
辛いかもしれませんね。。。

Posted by: マッドウェーブ | August 09, 2009 at 08:51 PM

スカルピーと同じく、油抜けの
いいタイミングがあるんですねえ。

Posted by: グレイクレイまなべ | August 09, 2009 at 11:42 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ワックス作業にあたっての注意事項2 | Main | 続 1/87人形 »