« ワックス作業にあたっての注意事項3 | Main | IDクレイ造型 9(09年9月現在) »

リヤドロ特別展(2009)

池袋東武百貨店の催事場で開催中ですリヤドロ特別展。
前回は2年前ですかね、クイーンオブザナイルを見に行きました。
今回の目玉は「馬」とか「龍」など東洋モチーフのものみたいです。
そしてもうひとつ、目玉なのかどうかはわかりませんが
前回はなかった「リヤドロの原型彫刻家による制作実演」アリ。

それは是非見てみたい。
ということで、行ってきました。(写真とかありませんが)

実演は午前と午後に1回づつで、自分が行ったのは午後。
土曜日ということもあってか催事場フロア自体けっこうな賑わいでした。
10分ほど前に着いて展示されてる人形群を眺めていると、
係の人に「馬」の購入をススメられました。210万円。無理っす、、。

そうこうしていたら実演スタート。
1回30分なので、どんなことをやるのかと思っていたら、
どうも午前からの続きっぽい。て、ことは、
午前の回では芯に盛り付けるところからやったのか。
しまった、そこから見たかった、、。

作っているのは4、50センチの女性スタチュー。
ポーズはこれに似てます。
Lladro04
これから小物を省いた感じで、
スカートの長さは足元まであったかな。

原型の横にスペイン人らしき女性が立っているので、
制作のためのモデルかと思いきや通訳さんでした。
この人が日本語でいろいろ解説しつつ実演が進行。

使ってる粘土は白い油粘土。
見たことのないパッケージだったので、スペインの粘土かも。
子供が使うようなやわらかいものだと言ってました。
たしかに実演では、やわらかくないとスピーディーにできなさそう。
(実際の仕事では、別の粘土も使うとのこと)

ツールは木ベラを使ってましたが、自分の手に合うように
自作したものだとの説明。
人形の作り方としては、木ベラや指を使用しての、いたって普通の
粘土細工。ただ、実力を考えても実演ということからも当然なんでしょうけど、
資料は何も見ず、ほとんど迷いなしで進みます。
仕事ではモデルを見ながら作ることが多いって話はしてましたが。

また通常、仕事ではひとつ完成させるのに3、4か月かけるそうです。
といっても、1体にかかりきりではなく、数体を
同時進行で作っているとのこと。それもキレイな仕事部屋で。
(会場の後ろのカベに部屋の写真がでっかく掲げられているんです)

実演中には質疑応答の時間もあり、
おそらく自身も人形を作っているであろう御婦人が
粘土について質問したりしてました。

30分はあっという間だったんですが、その間にほぼ上半身の
ラフは終わってました。実演は6日と8日にも2回づつ予定されてますが、
今日の続きをやるのかな。だとすれば、明日はスカートのシワとか
作るのかもしれません。自分は行けそうにないので、
見た方は後で教えて下さいまし。

上半身のラフは、て書きましたが、
遠めにはほぼ出来上がりにも見えました。
後で近くに見にいって、あ、ここまでラフスタチュー、とサプライズ。
ラフだけど面がキチンと出された状態。
その際、係の人に芯がどうなってるか教えてもらいました。
金属の棒(たぶん直径4、5ミリのしっかりした真鍮か何か
だと思います)が土台に立ててあり、そこに粘土を
「木の幹」みたいに盛っていき(長いスカート姿なので)、
腕は後で芯(こちらはたぶんアルミ線かな)を差して粘土盛り。
どうりで造形中、足元はしっかり固定されているようでしたが、
腕や頭はグッと曲げたりしてました。

ちなみに実演の後にはサイン会があり、それは会場で購入した方が
人形にサインを入れてもらえ、そのため、実演を
見学しているほとんどは購入済みの
御婦人方だったんですが、見るだけならタダです。
それはさておき、当の原型師が、サイン会の前に
手を洗いに行っていたのが印象的でした。
油粘土触っているので当り前といえば当り前ですが。

最後に、係の人オススメの馬はこちら。
Lladro05
デカいです。
あ、クイーンオブザナイルもこれと同じコーナーに展示されてました。

|

« ワックス作業にあたっての注意事項3 | Main | IDクレイ造型 9(09年9月現在) »

Comments

最近ワックスを使い始めた者です。ワックスを軟らかくして粘土のように使いたいのですが、全体が上手く軟らかくなりません。真鍋さんはどのように溶かしていますか?

Posted by: さんぐぅ | October 01, 2009 at 12:57 PM

さんぐぅ さま

こんばんは。偶然なんですけど、昨日だったか
検索で辿り着いてブログ拝見してました。
うちにリンクもしていただいてたんですね。有難うございます。

ワックスですが、型に流して使うキャスティング用のものではなく、
あくまでも粘土状に扱うモデリングワックスだとして、あと
自分は FUSE は使ったことがないので、
ZEN と Castilene の場合になりますが。

まず板状になっていることが多いワックスを、金づち等を使って
できるだけ細かく割り、それを赤外線ランプで温めます。
赤外線ランプは125Wです。
頃合いを見て手で練り始めますが、大きさによっては
中の方に芯が残っているような感じです。それを
練れるところまで練ったら、また温め、、を繰り返します。
または、芯以外の軟らかい部分だけをちぎって
そこだけ練ります。そうやって練ってる間に
小片をいくつかまとめて塊を大きくしていったりもします。

こんな感じでやってますが、こういう造型スタート時ではなく、
造型中に、そしてそこそこ大きなサイズの作品を
温めて変形させる、例えば1/4のバストの頭の向きを
手でグイッと変える、等はちょっと難しいかもしれません。
そういう場合は、折るか切断してつけ直す方がよさそうです。

Posted by: グレイクレイまなべ | October 02, 2009 at 12:02 AM

わざわざ細かく説明して頂きありがとうございます。
ワックスはまだ殆ど使ったことがないので、また伺うこともあるかもしれませんが、これから色々試してみたいと思います。
本当にありがとうございました。

Posted by: さんぐぅ | October 02, 2009 at 11:34 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ワックス作業にあたっての注意事項3 | Main | IDクレイ造型 9(09年9月現在) »