« October 2009 | Main | December 2009 »

テキトー型取り

少し前に、コメント欄の型取りに関する質問に答える中で
「土手埋めの時に原型と粘土をしっかり密着させなくてもOKな型取り方法を
考案してる。そのうち記事にするかも」とか書きました。

そのうちと書いたのは、
自分で試したことはあったもののちょっと不安も感じた為、
人に説明するのにちゃんとテストしてからにしよう。と考えてたからなんですが、でも
もうしばらく2面取りをすることがなくなってきており、なかなかその機会がない。
そもそもそのやり方を思い付いたのも
複製作業を苦手とする自分が「なんとか楽したい」と考えていたからなので、
当然の流れとして型取り方法は粘土埋めのない「一発取り」を選択することが
多くなってきたわけです。仕事で複製する場合は
時間はないし抜く数も少ないしってこともあって、、。

そんな今日この頃。
別件で調べごとがあってネットをあちこち見ていたところ、たまたま
同様の方法について書かれているページに辿り着きまして、
そこには自分よりもキチンとした考え方と経験による詳しい解説が。
おー、ここにリンクをはった方がイイ!と。

そんなわけで、シリコン型の2面取り作業が少し楽になる方法を考案されてた
「とあるひのコタツガ」さんのページがコチラ


余談ですが、自分はこの方法をテキトー型取りと名付けてました。そして
これと組み合わせる、キャストを流す際の
テキトーキャスティングについても書くつもりでした。
それは自分で思い付いたことではなく、たしか
バイクいじりか車のレストア雑誌で昔見たやり方なんですけど。

まず、型に湯口のようなものは掘りません。2面を合わせて輪ゴムで止めたら
合わせ目から、キャストを沿わせて流し込むための棒を、その先が
型の空洞部分(これからキャストが流れて複製品ができるところ)に達するまで
差し込みます。もちろん湯口は掘ってないわけですから、
閉じている型に無理矢理さし込む形になりますが、
そのことによって型の上部が棒の太さ分だけ開くので、沿わせて流せば
キャストは型の中に入っていきます。
そうやって適量流し込んだ後に棒を引抜くと型が自然に閉じるので、
硬化後に成型品を取出し薄くできたバリだけを取り去ることで
お手軽に複製品ができる、と。

湯口を作らなかったので、そこの後処理の必要がないわけです。
ちょうどタイヤキ方式で、最初から型を合わせている状態って感じでしょうか。
(キャスタリン造型の時にワックス本として紹介した
"Babes, Beasts, and Brawn"でも似たようなことをやってる写真がありました。
あれはたしか指で型を広げてましたけど)

もちろんバリが厚くなったり、型ズレする確率も大なので
ホント適当なんですが、、。まあ、何か使える機会もあるかも。
一次原型から二次への変換時なんかに、って感じです。

あ、そういえば。
自分がテキトー型取りで使用してたシリコンは Be-j の HG-017 でした。
ボークスの透明シリコンだと原型周りのシリコンを
手で裂くことができない場合があると思いますので念のため。

| | Comments (4)

« October 2009 | Main | December 2009 »