« September 2010 | Main | December 2010 »

グノモンのシフレット

ほんとにグノモンて発音で正しいんでしょうか。ノーモンですか。
(追記 ノーモンが正解とのことです。コメント欄参照)

それはさておき。
ポップスカルプチャーの興奮も冷めやらぬ今日この頃、
今度は The Gnomon workshop からシフレットブラザーズのDVDがリリース
~Fantasy Sculpting "The Dragon of Argos" with The Shiflett Brothers~
実は発売はもう少し先なのかと思ってたんですが、、今月は造型月だな。

DVDといってもDVD-ROMと書いてあるので、ひょっとすると
パソコンでの再生専用かもしれませんよくわからないけど。
(追記 最近のものはパソ用になったようです。コメント欄参照)
またデジタルダウンロードというのにすると、当然ながら送料がかからないとか。
ちなみにさっきDVDのほうを注文したら送料は約33ドルでした。

収録時間は157分。
サンプルクリップを見ると、けっこう喋ってそうです。
やはり一番知りたいのは、こまごましたテクニックよりも
彼らのような、常人が追いつけないセンスの持ち主が何を考えているのか、
というところ。それを知るにはきっとブロークンであろう(想像)
彼らの英語を聞き取らなくてはならないんですが、、かなり難しそう。

あとちょっと余談ですが、スチルギャラリーの中に
製作中のモノの後ろに資料写真がペタペタ貼ってある画像がありますけど、
いや~、カッコイイもの作る人は資料写真もカッコイイなあ、と。
まあ、そりゃそうだといえばそうなんですが。

| | Comments (6)

ポップ スカルプチャー

19日と書いてあるけれど少々遅れることもあるだろうと覚悟してたら
まさかの早売り!いや、早売りって言葉は正しくなさそうですが、とにかく
届きました POP SCULPTURE 。早い!嬉しい!
(アマゾンではまだ予約受付中になってますが)
Popsculpture01
今仕事が詰まっていてジックリ読むのは
少し先になりそうな為、まだザッと眺めただけなんですが、
いやー、これがもう、興奮を抑えられず。

どんどん勢力を拡大していくであろうデジタル造型、そんな時代に
今後これを上回るアナログ造型本はたぶん出ないと思う、というくらい、
ベテランのブルックナー氏が手の内を明かした内容になってます。
ひょっとしたら、氏には「今これを残しておかないと」という
思いもあったのかもしれません。想像ですけど。
日本で活動している自分たちが、そっくり
そのやり方を真似できるというわけではありませんが、
海外の造型が大好きな者にとっては大変なお宝本になること間違いなし。

来年でもいいから、日本語版が出ないかなあ。と思います。

| | Comments (8)

2010年の10月

月日が経つのは早いもの。
ブログ更新が滞っているうちにもう10月になりました。

10月といえば、待ちに待ってる Pop Sculpture がいよいよ手に入る
であろう月。アマゾンによれば発売日は19日。
以前リンクしておいた、宣伝のためかどうかはよくわからないけど始められた
ブログも、幾人かのスカルプターの登場、原型写真公開と
なかなかの好印象なので、肝心の本のほうも楽しみです。
(日本語版は、、やっぱり出ないですかね。どうなんでしょう。)

あとこれは10月ではないだろう、というか
時期についてはよく知らないんですが、たぶん近いうちに
The Gnomon Workshop からシフレットブラザーズのDVDが出ますね。
彼らがどんな事を考えて作品を作っているのか、その一端が
のぞけるかもしれません。て、英語が聞き取れればの話ですが。
日本語版は、、いや、わかってます。出ないのは。

あ。あと10月の最後には神戸でトレフェスがあって、そこに
サンダーロードが出展するなんてニュースも。
(ウチは不参加ですので念のため)

そんな10月。
相変わらず更新は滞ると思いますすみません。
記事を書きたい造型ネタも一応あるんですが、仕事で余裕のない状態です。

ちなみに書きたいネタというのはそんな余裕ナシの仕事の中で編み出した
ポリパテ小技。仕事ではここのところポリパテばかり使ってるんですが、
自分は本格的に原型に使用し始めてまだ1年経ってないくらいの
ポリパテ初心者。そういう初心者がいう小技なんで
わざわざ書く必要もないかと思ったんですけど、軽く検索してみても
同様の方法を紹介してる方が見当たらず。
おお!これは書いたもん勝ちだ!と。

ここまで書くなら全部書けって感じですが、続きはそのうち、、。

| | Comments (5)

« September 2010 | Main | December 2010 »