« 昨日の様子 | Main | WF直前情報はツイッターに »

クロッキー02

前作クロッキー01 の原型は、水粘土でパパッと作ったものでした。
02 ではもう少しじっくり、とはいえスタート時はガツガツやりたい、
ということで油土(NSPミディアム)を選択し、ちょっとずつ進めました。
期間としては大体2週間くらいかかっています。(スケール1/6に近いサイズ)

Croquis02_01
Croquis02_02
Croquis02_03
スタート時の漠然としたイメージは「朝陽を浴びたヴァンパイア」。
といっても、派手にギャァァって感じではなく、物悲しく静かに滅び行く雰囲気。
この頃の、なんとなくの顔のイメージはウド・キアで、少し進んだあたりから
ジェレミー・アイアンズ感もプラス、、って、具体的に似せるわけではなく、
あくまでも、なんとなくのイメージなので、あまり伝わらないと思いますが。
閉じた口から歯がのぞいているのはちょっとオマヌケなんですけど、
どうしてもこういうディテールにしたかったんです。

Croquis02_04
Croquis02_05
Croquis02_06
このあたりで完成としようかな、と写真を撮ると、
なんだか写真写りが良くない。肉眼で見るとツール痕はあまり気にならず、
個人的にはちょうどイイ具合のラフさなんですが、画像で実物以上に
拡大して見ることになると、どうもラフすぎてイマイチ。

で、もう少し仕上げることにし、細かいギター弦ツールを使ったり、
筆とライターオイルでならしたりした後、原型は完成。
Croquis02_07
Croquis02_08
Croquis02_09
Croquis02_10

販売用(レジン)は3色用意。
Croquis02_11
Croquis02_12
Croquis02_13
そのひとつ、黒+金(正確には銅)は。
昔キーホルダーを作った時に、シリコン型に塗料を塗って、そこにレジンを流すと
塗装が剥げにくいということを発見していたので、その方法でやってみました。
(その時のキーホルダーはコチラ
今回使ったのは塗料ではなく銅粉。筆で置いていくというか、気持ち的には塗っていく感じ。
髪と牙、右目はシリコン型では凹になっているため作業はしやすいんですが、
静電気もあって、型の中で銅粉が飛び散り、余計な所にも付着するので、
それをmrペタリ(練り消しみたいなやつ)で取っていくのに少し時間がかかりました。
(通常の複製作業では、細部にレジンを流しやすくするために
型にベビーパウダーをつけているんですが、この銅粉作業の時はナシでいきました。
それで特に気泡ができるとかはなかったです)

ほんとは右顔面にあるキズ状のディテールも金にしたくて
なんとか塗ろうとしたんですが、難しくて断念。
なお、眉は最初から金にするつもりはありませんでした。
髪が金なら眉もだろう、という意見もあるでしょうが、そうすると
途端にコミカルな雰囲気になる予感があったので。

銅粉を使ったことで、なんとなくアンティークな風合いも醸し出し、
今回の顔つきには合っていたんじゃないかと自画自賛。

クロッキーシリーズは今のところ、ワンフェス会場のみでの販売で、
最初に抜いた分がなくなれば終了のつもりでやっています。
次回ワンフェスも(抽選に通れば)参加予定ですので、
今冬の会場でなんとなく気になって下さった方、
次回よろしければ是非。
Croquis02_14

|

« 昨日の様子 | Main | WF直前情報はツイッターに »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 昨日の様子 | Main | WF直前情報はツイッターに »